2014.03.19 Wed

ミズベのお花見

ミズベのお花見

古来より日本人が行ってきた花見。都市空間において最も興味深い楽しみのひとつであるミズベからの花見を紹介します。

川の上から桜を見てみよう

ミズベのお花見

1 2

あわただしい桜の季節

啓蟄(二十四節季の1つで、虫達が冬篭りを終え地中から出てくる時季。今年2014年は3月6日に当たる)が過ぎついに春一番(*1)を先陣に春の嵐(with花粉)がやってきている関東です。

みなさんも今年の厳しい冬を乗り越え、暖かい春を待ち望んでいたのではないでしょうか。
暖かさと共に強風のため水辺は荒れているため春。季節の変わり目では気圧配置の変化により強風・雨という天候はよくあることなので、少し穏やかな春を陸地にて待っている筆者であります。

①陸地にて春を待ち望んでいたら、啓蟄のイベントに遭遇。50カップル以上の蛙たちが雨の道に押し寄せる。
写真は、伊豆大島にて2014年3月撮影。

春といえば、春に対するイメージは十人十色あると思いますが、やはり多くの方が待ち望むのは「桜」ではないでしょうか。というよりも「桜」のおかげで春の始まりはあわただしいと思います。
新年度もそろそろ始まり、お花見を企画している人や会社の部署、そして桜祭りを開催する地域も多く、その準備で忙しいのでは。
『古今和歌集』でも

「世の中に 絶えて桜の なかりせば
 春の心は のどけからまし」

と在原業平が詠うように、「桜」はまず開花予想してその準備、三部咲き、七部咲き、満開、そして散り往き葉桜、と数日間の盛衰に合わせ予定を決めるため翻弄され、忙しない気持ちでいっぱいな方は昔からいます。この歌はまさに今の私の心境とぴったりマッチしています。

②桜を待ちきれず早期に咲く河津桜を見に

桜と川の関係

このように「花見」というのは、日本では昔からの行事であったわけですね。
特に、水辺において花見を楽しむ人たちも多くいらっしゃいますので少しご紹介します。

例えば、宮沢賢治の「隅田川」では、

水はよどみて日はけぶり
桜は青き 夢の列
汝は酔ひ痴れてうちおどる
泥洲の上に うちおどる
母をはるけき なが弟子は
酔はずさびしく そらを見る
その芦生への 芦に立ち
ましろきそらを ひとり見る

と、葉桜となった干潮時の隅田川河岸にて、酔って踊る人もいれば、故郷の母を思う人もいます。

③桜雨の水辺、というのも日本ならではの情景ではないでしょうか。

一方、河岸ではなく、桜を始めとする春咲き誇る花や、水上を行き交う人々の紹介をして川全体の情景を詠いあげているのが、滝廉太郎作曲・武島羽衣作詞の「花」です。

春のうららの隅田川
のぼりくだりの舟人が
櫂のしずくも花と散る
眺めを何に喩うべき
見ずやあけぼの露浴びて
われにもの言う桜木を
見ずや夕ぐれ手をのべて
われさしまねく青柳を
錦織りなす長堤に
暮るればのぼるおぼろ月
げに一刻の千金の
眺めを何に喩うべき

この歌の中で登場するのが、「櫂」を使って隅田川を航行する「舟人」です。
歌としては、うららかな春の隅田川を漕ぐ彼らの櫂から滴り落ちる「しずく」も花のように散っている光景を「眺めを何に喩うべき」と美しい景色をこの歌い手は歌っているわけですが、当の「舟人」たちはこの景色をどう思っているのでしょうか。
もちろん「舟人」であっても、それは自分の生計を立てるために頑張って漕いで働く人でもいらっしゃるわけですが、この咲き誇る桜にはきっと感動し、1年の節目を感じるのでしょう。

④京都の保津川下りにて。毎日のように川へ出る船頭さんたちも渓谷に咲く桜を見て春を感じるのでしょう。
保津川下り

<脚注>*1:春一番とは、冬から春へ移り変わる時季に初めて吹く南よりの強い風のことを言います。関東地方では、a.立春から春分までのあいだ、b.日本海に低気圧があること、c.強い南寄りの風(風向は東南東から西南西まで、風速8m/s以上)が吹き、d.気温が上昇することが条件となります。

1 2
Mizbering © 2017 All rights reserved.