Public Private Action for Partnership!!

SDGsを通じて、豊かで活力ある未来を創る

  • ミズベリングは、行政、企業、市民問わず、水辺を我が事のように思う人々による連携を応援してきました。これは、連携すること、すなわちパートナーシップを結ぶことで、これまでなかったあらたな価値を創出することが必要だからに他なりません。ミズベリングはSDGsがかかげる17番目の目標と深く共鳴します。

  • ミズベリングは、インフラをただつくるだけの時代から、つかうことを中心とした社会への移行にむけて、多くの市民の河川へのコミットメントを誘発してきました。つくることが目的だった時代から、つかいこなされる水辺の時代へ、限りある資源(人的、物的)をどう生かすかが全国のミズベリスト共通の課題です。これは、SDGsがかかげる12番目の目標と合致します。

  • 水辺が、まちに暮らすひとびとの生活をどう豊かにするかを決めるのは、あなた自身です。ミズベリングはそういう人々を応援してきました。その地域にとって、どのような水辺がいいかを、つねに問い続ける姿勢こそ、その場所を豊かにし、その地域を住み続けられる場所にするのではないでしょうか?ミズベリングは、SDGsがかかげる、11番目の目標、すみつづけられるまちづくりに貢献します。