2014.03.03 Mon

水上で会議してみたら

水上で会議してみたら

水辺はすばらしくクリエイティブな会議ができる場所かもしれません

水上で会議してみたら

ライター:岩本 唯史

みなさんは、どこで会議をしますか?
会社の会議室ばかりでなく、カフェや集会室みたいなところでやる会議もありますよね。
会議にもいろいろあります。ただ報告だけをたんたんとこなす会議、お互いの意思を確認する会議、あたらしいものを生み出す会議、信頼関係を構築する会議。
会議の性質によって遠隔でおこなえるものもあるし、相手との距離が近くないと議論にならない会議もあります。
RIMG01282007年夏のBPAの定例会議。BPAはあたらしい「都市の都市の水上経験」をテーマに活動している水辺好きの団体です。

東京にはたくさんの会議するためのスペースがあります。ひとによって、この場所がお気に入りのスペース、というのがあるはずです。そのラインナップに水上でおこなうというのを加えてみてはいかがでしょうか?
そんなことができるのか?いや、まだ一般的ではないです。でもやった人はいるんです。
水上はさまざまな制約があります。まず天候に左右されます。風が吹いていては不快で会議どころではありません。走るコースがたのしすぎて風景に見入ってしまって会議どころではないこともあるでしょう。波に揺られすぎて酔っぱらったという人も実際にいました。
IMG_6718ミズベリングプロジェクトの船上ブレスト会議。寒空の下、盛り上がる。
背景は旧万世橋駅をリノベーションしたマーチエキュート。

しかし、ふだんと異なる環境のもとで行う会議は、もしかしたらすごい会議になるかもしれません。呉越同舟なんていう言葉もあるぐらいです。水上では人と人の距離が近く感じられるものです。おりたときにはチームとしてまとまっていた、なんてことがおきないとも限りません。
東京は世界で有数のビジネスシティです。実は水辺はすばらしくクリエイティブな会議ができる場所かもしれませんね。もしだれか実験したいという方や企業がいらっしゃったら、編集部までご連絡ください。
5BPAが2005年の横浜トリエンナーレで出展した水上ラウンジLOB13 Ⅱ世号。ゴミ運搬船だったバージ船をリノベーションして、水上に漂う船をアートの力を借りて作ってみました。そのとき開催されたシンポジウム。

Writer's Profile
岩本 唯史
RaasDESIGN一級建築士事務所代表、株式会社水辺総研代表取締役、BOAT PEOPLE Association理事、水辺荘発起人

公共空間としての水辺がよくなることで、社会がよくなると考える。建築家として建物のリノベーションを主に設計の仕事をしている傍ら、都市をリノベーションするのであれば、公共空間である水辺を外して考えることはできないと考え活動している。BOAT PEOPLE Associationのメンバーとして、いままでさまざまな水辺のトライアンドエラーを繰り返して社会に水辺の空間のあり方とつきあい方を提案してきた。
2005年横浜トリエンナーレ出展作品「Life on Board II」「内閣府都市再生モデル調査事業、FLOATING EMERGENCY PLATFORM」「地震EXPO09(BankART)」「東京アートポイント LOB09-10」など。最近は横浜の水辺を「使い倒す」ことを目的に、水辺のソーシャルスペース「水辺荘」を日ノ出町たちあげ、都市に新しい風景をつくる試みをたくさん行っている。
RaasDESIGN
株式会社水辺総研
水辺荘
BOAT PEOPLE Association

  • Facebookアカウント
  • Twitterアカウント
Mizbering © 2017 All rights reserved.