2014.10.15 Wed

TRIBUTE BENCH
カナダで見つけた、水辺の素敵な仕組み

TRIBUTE BENCH <br>カナダで見つけた、水辺の素敵な仕組み

バンクーバーの水辺の環境整備になくてはならない市民の力。積極的に主体的になれて、コミュニティーも受け入れやすい仕組みがあるんだそうです。いったいどういう仕組みなんでしょうか?

市民が主体的に公共空間の整備に参加するメニュー

TRIBUTE BENCH
カナダで見つけた、水辺の素敵な仕組み

バンクーバーに旅行に行ってきました。知りあいのマンションに泊めさせていただいて、まず環境の良さにホレボレ。歩いてすぐの場所に、こんなにうっそうとした森があり、そのあいだを美しい川が流れています。魚釣りをしている方もいました。マスをねらっているんだとか。
RIMG0057マンション自体が森に囲まれている。
RIMG0073
ここはウェストバンクーバー市でバンクーバーのダウンタウンからはレインボーブリッジ的な橋(ライオンズゲートブリッジ)を渡ってすぐのところにあります。見えているのはキャピラノ川。都市の中心近くにこんな環境があるなんてすごいとあらためて感心しました。

RIMG0031ライオンズゲートブリッジの向こう側がウェストバンクーバー市

散歩道も整備されていて、ウェストバンクーバーのトレッキングコースの一部でもあるようです。犬の散歩やジョギングなどさまざまに活用されています。

RIMG0000黒いラブラドールとともに走る女性二人。夢に出てきそうなシアワセな光景。

さて、そんな環境を散歩していたら、川を望む素敵なベンチを発見。
私のような異邦人でも、ここに居てもいいんだなと感じさせられます。バンクーバーは世界で最も住みやすい町の座を毎年争っていますが、こういう小さい積み重ねが評価を高めているんじゃないかなどと思いました。

RIMG0000いいベンチです。場所といい、大きさといい。

さて、このベンチ。よくみると背もたれのところに銅製のプレートが埋め込まれています。なんと書いてあるのでしょうか。

RIMG0075ロスとマクシーン・マクグレーテン/愛情深い両親であり祖父母—永遠に我々の心とともに。

なんだかとてもプライベートなことが書いてあるような気がします。他のベンチも見てみましょう。

RIMG0076パトリシア・アン・ハーディ/抽象芸術家
有名な方なのかしら?

RIMG0079メリル デ・ビュイスト
親愛なる友人/常に我々の心に

友達に愛された人だったのですね。

RIMG0164アラステアM・ニコル(1921-1998)を偲んで、ウェストバンクーバー市のロータリークラブが寄付しました。

なるほど。寄付なんですね。この川沿いに限らず、公園、海岸沿いの遊歩道、ピクニックパークなどのありとあらゆる場所にこのベンチは見られます。そこでウェストバンクーバー市の公園管理をしているセクションに突撃取材をしてきました。

対応してくださったイアン・ハラスさんはウェストバンクーバー市の公園整備担当の部門の方。

岩本 唯史
このベンチ(ウェストバンクーバー市ではTRIBUTE BENCHという)はどれくらいあるのですか?
イアン・ハラスさん
イアン・ハラスさん(以下I・Hさん) いやーどれくらいっていわれてもたくさんありすぎてわからないよ。それぐらいたくさんあるんですよ。(笑)
岩本 唯史
寄付する人はどれくらいお支払いになるんですか?
イアン・ハラスさん
I・Hさん このベンチは10年で償却されることになっていて、10年単位で寄付をいただきます。10年間の設置と同等の費用をいただいていて、それが2500カナダドル(25万円ぐらい)です。10年経つと、その後は改めて寄付いただいた人に継続の意志確認をし、継続される場合は再度寄付をいただきます。いただかない場合は、別の方を公募します。
岩本 唯史
文言については、なにかルールがあるのですか?
イアン・ハラスさん
I・Hさん もちろん他人を攻撃したり、社会的に受け入れられない表現はお断りしています。文言の決定にあたってはガイドラインとともに、私たちの部門が責任をもって編集します。この編集方針にお従いいただけない方からは寄付をいただきません。またお墓ではないので、あまりお墓っぽくならないようにも気をつけています。
岩本 唯史
人気すぎて、ウェイティングリストがあると聞いたのですが。
イアン・ハラスさん
I・Hさん そうなんですよ。ま、場所によってなんですが、常に60人ぐらいがお待ちになっています。
岩本 唯史
どんな場所が人気なんですか?
イアン・ハラスさん
I・Hさん 水辺ですね。それと多くの方が利用される散歩道です。
岩本 唯史
今年はどれぐらいの数を整備されるのですか?
イアン・ハラスさん
I・Hさん 今年は150〜200台位を整備する予定です。
岩本 唯史
どれくらい前からこの仕組みはあるのですか?
イアン・ハラスさん
I・Hさん 20年位かな。私がこの市に採用されたときはすでにありましたね。
岩本 唯史
この仕組みは、ウェストバンクーバー以外でもあるようですが、カナダや北米では普通のことなのですか?
イアン・ハラスさん
I・Hさん そうですね。いろんな市や自治体がこの仕組みを採用しています。
岩本 唯史
この仕組みのメリットを教えてください。
イアン・ハラスさん
I・Hさん ひとつは、整備費用を税収に依存しないで済むこと。また、ベンチ設置への住民の要望が高いこともあります。また寄付をする方にとっても、寄付が税金の控除扱いになるので、所得の大きい方にはありがたがられています。ウェストバンクーバー市は所得が高い人がたくさんお住みになられているエリアですので、この制度は非常にうまくいっていると言えます。

市民が主体的に公共空間の整備に参加するためのメニューを用意しているウェストバンクーバー市のこの取組み、とても示唆的だと思いました。
ウェストバンクーバー市のTRIBUTE BENCHESのウェブサイト

さて、帰国して執筆のためにネット検索していたら、同じような制度が日本にもありました。
思い出ベンチ事業 東京都建設局

残念ながら水辺のエリアはないですが、もしこの記事でご興味をもたれたら、平成26年度の募集が現在進行中ですので、問い合わせされたらいいんじゃないでしょうか?

Writer's Profile
岩本 唯史
RaasDESIGN一級建築士事務所代表、株式会社水辺総研代表取締役、BOAT PEOPLE Association理事、水辺荘発起人

公共空間としての水辺がよくなることで、社会がよくなると考える。建築家として建物のリノベーションを主に設計の仕事をしている傍ら、都市をリノベーションするのであれば、公共空間である水辺を外して考えることはできないと考え活動している。BOAT PEOPLE Associationのメンバーとして、いままでさまざまな水辺のトライアンドエラーを繰り返して社会に水辺の空間のあり方とつきあい方を提案してきた。
2005年横浜トリエンナーレ出展作品「Life on Board II」「内閣府都市再生モデル調査事業、FLOATING EMERGENCY PLATFORM」「地震EXPO09(BankART)」「東京アートポイント LOB09-10」など。最近は横浜の水辺を「使い倒す」ことを目的に、水辺のソーシャルスペース「水辺荘」を日ノ出町たちあげ、都市に新しい風景をつくる試みをたくさん行っている。
RaasDESIGN
株式会社水辺総研
水辺荘
BOAT PEOPLE Association

  • Facebookアカウント
  • Twitterアカウント
Mizbering © 2017 All rights reserved.