2014.08.28 Thu

ミズベで映画:Kino Iglu有坂塁さんインタビュー

ミズベで映画:Kino Iglu有坂塁さんインタビュー

いろんな場所で映画鑑賞会をされていますが、水辺ってどうですか?

そこでしか体験できない映画上映会をインディペンデントに開催しているKino Iglu有坂さんに話を聞いてみた。

ミズベで映画:Kino Iglu有坂塁さんインタビュー

Exif_JPEG_PICTUREKino Igluのおふたり、有坂さん(右)と渡辺さん(左)。Photo:Kino Iglu

いつもどんな場所で上映会されているんですか?
arisaka_thumb
目黒のホテルの屋上や横須賀美術館の前、立川は毎年夏に映画上映会をやっています。その他にも北は北海道から南は九州までいろんなところでやっていて、森のなかでやったり、店舗のなかでやったりしています。映画を上映するということでその場所が特別な空間になるのですが、それを最小人数4人から、最大150人ぐらいまでの上映会をやっています。

DSC_0268目黒のホテルの屋上で行われていた映画上映のイベント

依頼があった場所でやるんですか?
arisaka_thumb
私は映画の上映会をここでやりたい、と営業をかけることはしないんです。私がどういう場所でやりたいか、というのはなくはないのですが、依頼者さんに映画上映会をこういう場所でやりたいとおっしゃっていただいて、その場所にあった映画をその場所に行ってインスピレーションでセレクトして上映会を開催します。 私はお声をかけてくださった方とのご縁が重要だと思っています。映画を上映する前にどういう思いでその場所で上映会を開催したいのかということをお聞きして一緒につくりあげるものだとおもっています。私だけが熱量がたかくてもダメなんです。
どういうことを考えて企画されるのですか?
arisaka_thumb
映画って2時間のあいだ観なければならない、しかも聞いたことのない監督の映画だったりすると、ハードルが高いじゃないですか?昔は上映する映画がなんでも、映画館に行けばそこでやっている映画をなんとなくみる、という見方もあったけれども、最近は上映作品を目的に映画館に行くことが普通ですよね。でも、私の上映会は、作品が目的ではなくて、たとえば今日であれば「ホテルの屋上で観る」ということが目的になるから、映画鑑賞の入り口の幅がひろがります。 また、そのイベントを介してその映画監督の作品を知ることになる。それが監督で映画を見るという鑑賞方法につながるといいなと思っています。
なるほど。
arisaka_thumb
個人鑑賞ではなく、その場所で映画をたくさんのひとと一緒に観るという体験を通して、その場所に対する愛着が深くなるという面もとても重要です。映画を個人で鑑賞するのとはまったくちがう体験です。これも映画の楽しみ方のひとつだと思います。 また、人には映画の「スイッチ」があるとおもいます。私自身の経験で、このスイッチがオンになるきっかけがありました。映画と場所の組み合わせで私はこのスイッチを「オン」にすることもできるとのではないかと思います。入り口を単に映画鑑賞ではなく別のところにもうけることで、映画がより身近になるのです。
ここまでお聞きして、映画の地位というものがこの数十年でどう変わってきたかということに気づかされました。有坂さんが「映画の入り口」とおっしゃっていたのがよくわかりました。ところで、上映会は水辺でやることもあるのですか?
arisaka_thumb
横須賀美術館の芝生は目の前が浦賀水道になっていて、水辺です。あと、もみじ市というクラフトマーケットは調布の河川敷で行うイベントなのですが、ここでも毎年やっていて、今年も9月27日に開催されます。ただ、岩本さんに言われるまで水辺にそんなに関心は正直言ってなかったです。

テントえいがかん小さなテントのなかで行われる、もみじ市でのイベントの様子。Photo:Kino Iglu

SONY DSC横須賀の沖合に浮かぶ無人島で行われた映画上映会 photo:Kino Iglu

そうなんですね。例えば横須賀ではどんな様子なのですか?
arisaka_thumb
横須賀美術館の上映会の会場は海に向かって芝生の広場が傾斜していて、県道を挟んで反対側が海なんです。上映する前にお客さんがシートを持ってきてめいめいのスタイルでその場で上映を待ちます。なかにはワインボトルとワイングラスをもってきて楽しみながら日没を待っている人もいるんですよ。その場は、映画がまだ始まっている訳ではないのに、とてもすてきな光景なんです。

arisaka_thumb
海風が強いので、上映用のスクリーンは工事現場用の編目になっている6M×8Mのシートなのですが、少し透けるのです。そうすると、白黒映画をやっていると、上映中にスクリーンに赤い光が横切ったりするのですが、それが浦賀水道を通るタンカーだったりして、その場でしか味わえないものを感じます。また、県道はよくヤンチャなバイクが通ったりするのですが、裏からも映画が見えるので、みんな上映しているのをみると、「あ、映画だっ」という具合に止まって映画を見ていくんですよ。それをみて、広場のひとたちとの間に共感するものが芽生える。公共空間で映画をみることの醍醐味です。きっとみんな、その場所で映画を見たことで、その場所に対してポジティブな印象をもって、共有することができます。愛着がわきますし、映画に対しても楽しみ方がわかった気になるのです。 終わった後の余韻も映画の体験の一部でとても重要です。みんな横になりながら、飲み物を飲んだりしながら隣の人と談笑する。
私も目黒のホテルの屋上で開催された屋上映画祭に参加したのですが、映画がきっかけになった空間とおっしゃっていた余韻がすばらしかったです。

DSC_0274映画上映が終わった後雰囲気の余韻もすばらしい

arisaka_thumb
ありがとうございます。
今年、これから開催される水辺で行われる映画上映会を教えてください
arisaka_thumb
イベントはいくつかあります。 横須賀美術館の上映会は8月の最終土日に行われます。

夏の野外シネマパーティー 『もぐらくんとズデネック・ミレル』

日付 2014年8月30日(土)、31日(日) 19時~20時
場所 横須賀美術館・海の広場
企画 キノ・イグルー
定員 野外のため特になし (雨天時→ワークショップ室で定員50名程度。整理券配布先着順)
参加費 無料
参加方法等 当日自由参加
概要 飲食物の移動販売等あり。敷物、飲食物の持ち込み可。 今回は、チェコの国民的キャラクター・もぐらの“クルテク”の作者、ズデネック・ミレルのアニメーション作品を上映します。みんな大好き「もぐらくんシリーズ」から3本、さらにミレルの別のアニメーションを3本、豪華6本立てでの上映です(上映時間50分)。 横須賀の沖合に浮かぶ無人島猿島で行われる「無人島シアター」の第二弾も企画中
詳細 http://www.yokosuka-moa.jp/event/

「無人島シアター」

日付 9月20日(土)
概要 東京湾に浮かぶ無人島「猿島」にて、一日限りの野外シアターを開催。
詳細 http://trippiece.com/plans/4378

もみじ市「テントえいがかん」

日付 9月27日(土)、28日(日)
概要 多摩川の河川敷で行われる「もみじ市」に出展します かわいいテントの中で、短編作品をお楽しみいただきます。
詳細 http://momijiichi.com/2014/
非常に楽しみです。
arisaka_thumb
このインタビューをうけて、水辺がとっても気になりだしました。
ぜひ、水辺でもどんどんやってください。ありがとうございました。最後に、お願いがあるのですが、有坂さんが選ぶ、水辺映画5選をおねがいしてもいいですか?
arisaka_thumb
わかりました!

有坂さん推薦の水辺の映画5選

1.ロシュフォールの恋人たち(1966年 フランス) 2.MUD-マッド-(2012年 アメリカ) 3.やかまし村の春・夏・秋・冬(1987年 スウェーデン) 4.世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年 アメリカ) 5.草の上の昼食(1959年 フランス)

Kino Iglu

「2003年に中学校時代の同級生、有坂塁と渡辺順也によって設立された移動映画館。 東京を拠点に全国各地のカフェ、雑貨屋、書店、パン屋、美術館など 様々な空間で、世界各国の映画を上映している。 多彩なアーティストとのコラボレーションを始め、夏の野外上映会、クリスマスパーティー、 SHOPのAnniversary Party、こどもえいがかい、全国ツアー、 さらには映画祭のディレクションや、ライブラリー向けのDVDセレクトまで、 既存の枠にとらわれることなく、自由な発想で映画の楽しさを伝えている。 縁とつながりを大切に。」

http://kinoiglu.cocolog-nifty.com/

Writer's Profile
岩本 唯史
RaasDESIGN一級建築士事務所代表、株式会社水辺総研代表取締役、BOAT PEOPLE Association理事、水辺荘発起人

公共空間としての水辺がよくなることで、社会がよくなると考える。建築家として建物のリノベーションを主に設計の仕事をしている傍ら、都市をリノベーションするのであれば、公共空間である水辺を外して考えることはできないと考え活動している。BOAT PEOPLE Associationのメンバーとして、いままでさまざまな水辺のトライアンドエラーを繰り返して社会に水辺の空間のあり方とつきあい方を提案してきた。
2005年横浜トリエンナーレ出展作品「Life on Board II」「内閣府都市再生モデル調査事業、FLOATING EMERGENCY PLATFORM」「地震EXPO09(BankART)」「東京アートポイント LOB09-10」など。最近は横浜の水辺を「使い倒す」ことを目的に、水辺のソーシャルスペース「水辺荘」を日ノ出町たちあげ、都市に新しい風景をつくる試みをたくさん行っている。
RaasDESIGN
株式会社水辺総研
水辺荘
BOAT PEOPLE Association

  • Facebookアカウント
  • Twitterアカウント
Mizbering © 2017 All rights reserved.