2014.08.23 Sat

信濃大町で行われているアートイベント
信濃大町2014 食とアートの回廊に行ってきた

信濃大町で行われているアートイベント<br>信濃大町2014 食とアートの回廊に行ってきた

最近よく聞く地域ぐるみのアートイベント。
水と深い関わりのある信濃大町はやっぱり水をテーマにした作品がたくさんあった。
さらに、作品を通してその地域について深く知ることができました。

水と深い関わりのある地域と現代アートの融合はどんな感じ?8月24日まで

信濃大町で行われているアートイベント
信濃大町2014 食とアートの回廊に行ってきた

信濃大町は、南北に高瀬川が通り、東西の山脈の間の盆地にある。鎌倉時代後期には南北を貫く水路が幾筋もつくられ、安曇野の豊かな水によって古くからうるおっていた町である。道を走るとそこかしこに「わさび」や「岩魚養殖、ニジマス」などの看板があり、いまなお水と豊かな水によって生活が支えられていることが伺い知れる。そんな山間のまちでアートイベントが行われているということで行ってみた。
信濃大町2014 食とアートの回廊のパンフレット

滝の家 谷山恭子

左:家の中を水路が貫く。その水路から水をとって滝をつくっている。/右:滝壺

使われなくなった建物のなかに、滝を作ってしまったという作品。ここ信濃大町には、建物の中を水路がつらぬいている家がいくつかある。作家はこの水路の水をつかって建物のなかに滝をつくった。畳の間のなかにあるのは、まさに“滝壺”だ。

左:この水路が建物を貫く。向こうに見える木造の建物に作品は作られている/右:大正11年まで飲用で使われていたという。水路の街
かつて、生活を便利にした水路は、生活排水によって一時汚くなってしまった。この空き家でもこの水路のすぐ上にお風呂がつくられ、水路の存在は薄くなってしまった。現在は下水道の整備率もあがり、だいぶキレイになってきたが、今度は家自体が空き家となってしまった。そんな場所にこの作品はある。
人間の生活に欠かすことの出来ない水。現在でも、水路は「水道」になり、同じように生活に必要な存在であるが、ひねれば出てくるという便利さゆえ、この住宅を貫く水路のようには意識することはない。この作品は、だれの家にもある「水道」という水の道についてあらためて考えさせられる。

他にも、水に関係する作品がいくつも展示されている。作品そのものの価値もそうだが、作品をとりまく環境や場所の意味について考えさせられる作品ばかり。今週末(8/24)まで。

商店街の中に布を張った作品。

かつて開拓された田んぼに水を供給した施設を再整備したわっぱらんど。低すぎる水温を太陽熱で上昇させるための施設だ。

その施設のなかに作品はある。なかに入れます。

作品にたどり着くための森の中の順路が素敵すぎる。

信濃大町 食とアートの廻廊

会期 2014年8月9日(土)〜8月24日(日)
会場 長野県大町市全域

北アルプスの山なみに抱かれた信濃大町の地勢を「廻廊」にみたて
土地固有の生活文化を表現する「食」と、地域の魅力を再発見する「アート」の力を活用し
あふれる源流に育まれた、自然と文化を体感するプロジェクトを開始します。

http://omachi-food-art-corridor.jp/

Writer's Profile
岩本 唯史
RaasDESIGN一級建築士事務所代表、株式会社水辺総研代表取締役、BOAT PEOPLE Association理事、水辺荘発起人

公共空間としての水辺がよくなることで、社会がよくなると考える。建築家として建物のリノベーションを主に設計の仕事をしている傍ら、都市をリノベーションするのであれば、公共空間である水辺を外して考えることはできないと考え活動している。BOAT PEOPLE Associationのメンバーとして、いままでさまざまな水辺のトライアンドエラーを繰り返して社会に水辺の空間のあり方とつきあい方を提案してきた。
2005年横浜トリエンナーレ出展作品「Life on Board II」「内閣府都市再生モデル調査事業、FLOATING EMERGENCY PLATFORM」「地震EXPO09(BankART)」「東京アートポイント LOB09-10」など。最近は横浜の水辺を「使い倒す」ことを目的に、水辺のソーシャルスペース「水辺荘」を日ノ出町たちあげ、都市に新しい風景をつくる試みをたくさん行っている。
RaasDESIGN
株式会社水辺総研
水辺荘
BOAT PEOPLE Association

  • Facebookアカウント
  • Twitterアカウント
Mizbering © 2017 All rights reserved.