2018.09.07

今週のミズベリング定例では180904

この記事をシェアする

ミズベリングの今週の定例に寄せられた全国のミズベリングの活動の模様をお伝えします。

諏訪で河川空間オープン化セミナーが開催されミズベリング事務局から講師が派遣されました。
諏訪の水辺利活用に関心を寄せるたくさんの市民の方とワークショップ。
「諏訪湖創生ビジョン」に基づき、今後具体的な活動を市民が進めていくきっかけとなりました。

IMG_4102

その模様は地域の新聞にて報道されました。

IMG_4104
IMG_4103

また、10月13日、14日に、「川で学ぶ体験活動全国大会」が利根川水系の小貝川で開催されます。

IMG_4101

今年は西日本の豪雨に前後して行われた水辺で乾杯。全国の乾杯に参加した主催者たちは、
どのように乾杯をやるやらないを決定し、どのようなことをリアルに感じたのか。アンケート調査を行いました。
みなさんが、自主的に様々な情報に基づいて意思決定を行い、水辺で乾杯を通して河川の「恵みと災い」の両面を多くの人に
感じてもらうイベントになったことが見えてきました。
その結果の速報を会議にて共有。この内容は、後日、ミズベリングWebサイトにてお伝えいたします。

IMG_4105

この記事を書いた人

ミズベリング

ミズベリングとは、「水辺+リング」の造語で、 水辺好きの輪を広げていこう!という意味。 四季。界隈。下町。祭り。クリエイティブ…。 あらためて日本のコミュニティの誇りを水辺から見直すことで、 モチベーション、イノベーション、リノベーションの 機運を高めていく運動体になれば、と思います。 Google+

過去の記事

> 過去の記事はこちら

この記事をシェアする