2014.03.03 Mon

東京運河21km SUPツーリング

東京運河21km SUPツーリング

いま話題の、ボードに立ちながらパドルで漕ぐSUPに乗って、迷路のような東京の運河を回ってみた。

東京セントラルイーストの運河を行く。

東京運河21km SUPツーリング

ライター:糸井 孔帥
1 2 3 4 5 6

中の島公園出発から亀島川

釣り人のオッチャンたちに見送られ、いざ隅田川。といっても、隅田川は川幅が広く、多くの船が通るので、なるべく早くどこかに逃げ込みたいものです。風もビュ~ビュ~吹き荒び追い風とはいうものの風で波が立つので、まずは亀島川へと向かいます。

06.スタートから亀島川距離は短いが、現在の大都会の水辺をよく表している水辺を漕ぐ。

亀島川は霊岸島(現在の新川)沿いを流れる運河で、最寄り駅はJR京葉線の八丁堀駅です。ここでは水辺と都市とが他の地域よりも相対的に近く、また風の影響も受けにくいのでここへ逃げ込みましょうか。
しかし、逃げ込むにもまずは広い隅田川を横断しなければなりません。
中の島公園から相生橋をくぐり、船が来ないか確認してから追い風を使って一気に石川島公園までまずは横断。
この石川島公園は親水テラス(都市住民が水に親しめるよう川岸を整備して作られた遊歩道や緑化地)があり、この時間は満潮のため川のフェンスがこのように沈んでいます。もしかしたらこの場所も出発地点に使えるかも。

07.石川島公園この親水公園も満潮ならばフェンスが沈み障害はなくなる

さて、次に中央大橋がかかる隅田川を横断しなければなりません。
隅田川はこの中央大橋の1つ上流にある永代橋から下流に向けて2つに分岐し、1つは出発地近くの相生橋、もう1つはこの中央大橋、そして東京湾へと流れていきますが、隅田川横断を細分化して横断して行くことが無事に渡り切ることの戦略です。
つまり、この隅田川ツーリングにおいて最大のリスクは「他の船舶」であるので、船舶の位置をすぐに見つけること、横断を最短距離で行うこと、そして船舶の航行する場所を予測すること、この状態で一気に横断を敢行します。

08.永代橋をのぞむ永代橋から二股に分かれる隅田川。ここを横断するには少し頭を使う。

と難しく書いてありますが、水上には陸上交通網と異なり交差点に信号と横断歩道は着いていないので、国道を視認しやすい場所で横断するようにスッと行えば問題ありません。大切なのはリラックスして状況判断することです。そこから「困難の細分化」ならぬ「横断の細分化」をしていきましょう。
さぁ中央大橋に沿って隅田川を渡ると、妙な像が真上に見えてきます。この像の真下までたどり着ければ横断完了です。

09.中央大橋メッセンジャー像川から見ると何の像か特定できず。この後、強風との戦いが待ち受ける。

また岸沿いを通って隅田川を南下してすぐ亀島川に入りたいところですが、南風はここでは敵となって我々に襲い掛かります。漕いでも漕いでも進まない。やっとこさ、霊岸島水位観測所まで到達します。ちょうどお昼時で休憩に来たサラリーマンたちに「がんばれ~」と応援されました。有難いですね。

10.霊岸島水位観測所霊岸島南端に設置された近代の水位指標。ここを目印に隅田川から凪へ逃げ込む。

ようやく難所である隅田川を越え亀島川へ到着しました。これから、この水路を遡って行きます。
この亀島川は、先述したように水辺と都市との距離が相対的に近いのです。この写真のように生活空間の裏側にこの水路が位置していますが、船着場と河岸の高さが適度で、水路沿いは草花に覆われています。護岸パラダイスの大都市水路の中では少し異質な空間ですが、この距離感が水辺と人とが接する本来の空間なのでしょうか。

11.亀島川東京の凪に入ると街と水が近い。ようやく安心して漕ぐことができる。
最後に日本橋水門を通航し、いざ日本橋川へ突入です。

12.日本橋水門日本橋水門を通過。ここから日本橋川へと流れこむ。

1 2 3 4 5 6
Mizbering © 2017 All rights reserved.