2014.03.03 Mon

東京運河21km SUPツーリング

東京運河21km SUPツーリング

いま話題の、ボードに立ちながらパドルで漕ぐSUPに乗って、迷路のような東京の運河を回ってみた。

東京セントラルイーストの運河を行く。

東京運河21km SUPツーリング

ライター:糸井 孔帥
1 2 3 4 5 6

はじめまして。水主(かこ)の糸井と申します。
水主とは、櫓や櫂を使って舟を航行させる漕ぎ手の呼び名です。

今回僕は東京都内に広がる水域を廻る旅をしました。
そのご紹介をいたします。

東京都内SUPツーリング21km

東京という大都会は現在日本の首都であり、多くの人で賑わっています。
ただ、今回注目すべきは東京の水上、すなわち運河廻りです。
東京は海に面し、荒川や江戸川、多摩川など多くの河川が流入し港として江戸時代から発達してきた街でありますが、その水上交通網を支えてきたものが「運河」です。
今回は、その迷路のように張り巡らされた運河をSUPを使用してツーリングします。

01.東京運河SUP全図今回のツーリング最大の目的は神田川へのアプローチ

SUPとは??

さて、今回使用するSUPというギアとはなんでしょうか。
SUP(サップ)は、Stand Up Paddlebooard(スタンドアップパドルボード)の略称で、ボードに立ちながら(もしくは座りながら)パドルを使って漕ぐものです。
発祥は、ハワイ。あるサーファーが、行動範囲が狭く同じ波を取り合うサーフィンのリスクをパドルを使って移動して波を求め、またパドルも使用して波乗りするという目的で産み出されたものです。そこで、サーフゾーン(砕波帯)と海岸との移動を行うサーフィン(波乗り)だけでなく、パドルを使用することでサーフゾーンを超えた沖、もしくは河川や湖沼などの静水域なども航行することができるカヌーやカヤックなどのツーリング文化が融合し、現在ではサーフィンタイプのSUPだけでなく、2000年代に流行り始めたリジットタイプという一枚板のボードのツーリングタイプのSUPも普及しています。

02.SUPとウインドサーフィンサーフィンとウインドサーフィンの文化からSUPが生み出された。写真は左がSUP、右の帆が付いているものがウインドサーフィン。2013年7月逗子にて撮影

そこで、さらに改良されたボードがインフレータブルボード(空気注入し膨張させるタイプのボード)で、2010年代に入り各メーカー(サーフィン・ウインドサーフィン・カヌーメーカーやアウトドアメーカーに至るまで)が競って開発を行い普及しています。
今回使用するタイプは、インフレータブルタイプのツーリングSUPです。(使用するのはairSUP社。)
折りたたむとサイズは70~90リットルサイズのリュックサックサイズになります。
空気を入れ膨らませると、サイズは長さ300cm、幅76cm、厚さ15cmのボードと化します。
今回は、このボードをレンタカーに積め、横浜の水辺荘から東京を目指しました。

03.水辺荘活動写真水辺荘は、普段水辺荘がある横浜日ノ出町を基点に、みなとみらいや横浜の下町を通る運河などで活動をしている。

1 2 3 4 5 6
Mizbering © 2017 All rights reserved.