2015.05.11 Mon

水のない水辺から・・・「暗渠」の愉しみ方 第8回  神戸の川跡に魅せられて

水のない水辺から・・・「暗渠」の愉しみ方 第8回  神戸の川跡に魅せられて

湧水の流れる地下河川、天井川の跡地に名残。今月は東京を離れ、港町神戸から暗渠への誘いです。

いざ、関西へ

水のない水辺から・・・「暗渠」の愉しみ方 第8回  神戸の川跡に魅せられて

1 2 3

これまで「東京」という土地の暗渠をご紹介してきました。谷があれば、そこには開渠か暗渠がかならずあります。ということは、東京以外にもあらゆる土地に暗渠は存在しているはず。ためしに、暗渠をさがしに、関西に飛んでみましょう。関西にも水の都と思えるところはいくつもありますが、今回取り上げるのは神戸です。

神戸暗渠との遭遇:宇治川

わたしは関西に住んだことはなく、土地勘もありません。神戸には来たものの、開き直ってろくに下調べもせず、滞在するホテル近くの川のありそうなところへ向かいました。見知らぬ土地でも、地図において「開渠が途切れる地点」の先に暗渠がある確率は高めです。神戸は大倉山に、そんな感じの場所がありました。
uji1
ひたすら斜面を上ると、そこに待っていたのは、違和感たっぷりにそそり立つ構造物でした。

uji2
宇治川、と書かれた欄干がすぐ脇にありました。京都だけではなく、神戸にも古くから宇治という地名があったようです。というわけで、もうひとりの宇治川さんを下ってゆきましょう。
謎の構造物の裏に回ってみます。

uji3
さらさらと流れ込む川の水に、仕方なさそうに生える草木たちに、枯れた色合いのコンクリート擁壁。しんとしたそこは、まるで要塞のようでした。傍らのプレートには宇治川暗渠調整池、とありました。河川改修工事が昭和47年に行われ、そのときにこの不思議なものができたようです。上流側を振り返れば、拍子抜けするくらい、ふつうの開渠でした。

監視塔のようなものの下流側で、突然川はなくなります。川の流れかと見紛う、ここにあったのはトンネルと人の道で、この下を宇治川が流れるようです。

uji4
つまりここから、暗渠がはじまります。
道路の真ん中を宇治川さんは通っているようで、所在を知らせる目印が鎮座していました。

uji5
「あ、ハイ、アタシが宇治川です」。下水マンホールと区別されたコレは、この地下を湧水由来の自然河川が流れることを意味し、そしてまた宇治川さんの名刺でもあるのでしょう。
暗渠の両側は、素敵な市場を携えた商店街でした。なんとなく市場の裏側に惹かれて彷徨い込むと、そこにも暗渠がありました。おそらくは宇治川の傍流でしょう。本流の宇治川の出で立ちもよかったけれど、この傍流も細身でシュッとしています。

uji6
ちいさな暗渠を渡るためにつくられた、手づくり階段という珍物件も見られました。

本流に戻りましょう。
uji7
商店街はメルカロード宇治川、といいました。もともと宇治川のほとりにあったお店がそのまま残っているそうで、川の名を冠した商店街。宇治川が地下に潜らされたのは、きっと幾度も氾濫したからではないかと思うのです。おそらく商店街のひとびとも、良きことも迷惑なことも、いろんな目に遭いながら、川とともに暮らしてきたのでしょう。そして今もなお“宇治川”とともに暮らしている。

商店街の先、突然流路がわかりにくくなります。宇治川マンホ情報をもとに推測すると、見失ってからも宇治川さんは真っ直ぐやって来るようです。そしてハーバーランドで海に出ます。

uji8
水門の下から、もよもよと水が出ていくのがわかりました。

暗渠というと、川を下水道化し蓋したものを思い浮かべてしまいますが、宇治川は自然河川のまま埋められたもののようです。神戸にはほかにも、このような地下河川がたくさんあるようです。他の地下河川にも、名刺的マンホール蓋があるでしょうか。他の暗渠のはじまりと終わりは、宇治川さんと似ているでしょうか。この出逢いでわたしは、すっかり神戸暗渠に魅せられてしまったのでした。

1 2 3
Mizbering © 2016 All rights reserved.