三条市かわまちづくり「交流広場」

三条市かわまちづくり交流拠点施設は水辺空間を創出する「かわまちづくり事業」と、水防活動や復旧活動の拠点を整備する「三条防災ステーション事業」を組み合わせて、三条市と信濃川下流河川事務所とが連携して整備しました。
「交流広場」は三条市が趣味やスポーツが楽しめる場として整備し、緑地と駐車場あわせて、約40,000m2の広さがあり、普通車約450台分の駐車スペースを確保しており、市民の憩いの場・交流の場として利用されております。なお、毎年6月の第1土日に開催される「三条凧合戦」を、今年は三条防災ステーション交流広場にて開催しました。
更に、8月1日~3日に開催される三条夏まつり「大花火大会」の観賞場所となるなど、様々なイベントや行事の開催場所としても利用されております。その他三条かわまちづくりの拠点施設には、三条市が整備した防災教育の拠点となる「水防学習館」が併設されております。
また信濃川下流河川事務所では、洪水被害を最小限に防ぐために、迅速かつ円滑な水防・復旧活動が行えるよう整備した土砂や根堅ブロック等の資材を備蓄するとともに災害対策車輌庫等を配置しました。

応募理由

三条市かわまちづくり交流拠点施設は三条市と信濃川下流河川事務所とが連携し整備を進め、今年5月18日に開所しました。「交流広場」では市民の交流・憩いの場として利用ができます。今年の夏は花火大会が開催されますので多くの方に利用して頂きたいと思います。

撮影情報

撮影者 北陸地方整備局 信濃川下流河川事務所 調査設計課
撮影場所 新潟県 三条市
撮影時期 平成26年5月

オススメ