千代川フェスティバル

○「千代川の日」イベントとして開催。
  1918年(大正7年)の大洪水により大きな被害を受けた千代川流域の1市17箇村町が連合治水会を結成した8月24日(大正8年)を「千代川の日」と制定し、この日を記念して千代川の流域のみんなが連携をもち、交流を深め、豊かなふるさとを実感してもらうことを目的として、毎年、開催場所を変えて千代川フェスティバルを行っています。
  今年は、鳥取市国府町殿 殿ダム記念広場で開催します。

平成26年(第16回)千代川フェスティバル 平成26年8月23日(土)

平成26年(第16回)千代川フェスティバル実施概要
【実施内容】
   開催日:平成26年8月23日(土)
   開催場所:鳥取市国府町殿 殿ダム記念広場
    (催し物)
    ・千代川フォトコンテスト表彰式
   ・千代川の楽市楽座
   ・川と文化を知るコーナー
   ・カッパの学校(水生生物調査による水質調査)
   ・鮎のつかみどり
   ・降雨体験機に降雨体験
   ・災害対策機械車両の展示
    ・殿ダムスタンプラリー

応募理由

毎年、千代川流域でのイベントを開催しておりますが、今年は「平成のピラミット」のキャッチフレーズで知られている殿ダムの麓で開催することで例年にない殿ダムと連携したイベントも開催しますので、多くの方にお越しいただきたいと思います。

撮影情報

撮影者 千代川流域圏会議事務局
撮影場所 鳥取県
撮影時期

オススメ