夏の旧北上川河口~水辺に生きるまちの祭典~

旧北上川の水辺は、川湊として発展してきた石巻の歴史を感じられる水辺であり、また周辺には石ノ森萬画館や太平洋を一望できる日和山があるなど、石巻の歴史や文化に触れることができる地域です。毎年夏には、北上川の改修に功績のあった川村孫兵衛重吉扇の報恩・感謝の祭りである川開き祭りが開催されます。
平成26年は7月31日に東日本大震災供養祭や川施餓鬼供養祭が厳粛にとり行われ、8月1日はパレードや花火大会などが開催され、まち全体が大変な賑わいと活気に包まれます。

平成26年度石巻川開き祭り 平成26年7月31日(木)、8月1日(金)

7月31日(木)
〇東日本大震災供養祭、川村孫兵衛翁報恩供養祭、川施餓鬼供養祭、供養花火、流燈(5,000個)…等々
8月1日(金)
〇東京オリンピック・パラリンピック聖火台・聖火リレー出発地誘致トーチリレー、消防音楽隊パレード、鼓笛隊パレード、金華山龍(蛇)踊り奉納、みこしパレード、まとい万灯お会式行進、ものうはねこ踊り、大漁踊り、孫兵衛船競漕(準決勝・決勝レース)、ミニ孫兵衛船競漕(準決勝・決勝レース)、花火大会…等々

応募理由

東日本大震災により壊滅的な被害をうけた旧北上川河口部は、発災より3年余りが過ぎ、築堤工事が始まるなど、徐々にではありますが復興の槌音が聞こえてきております。地域住民は、震災の教訓を忘れることなく次世代へ受け継いでいくとともに、未来を見据え復興に向かって進んでいます。
川開き祭りは石巻が誇る一大イベントであり、ぜひお越しいただき、復興に向かう人々の活気を感じていただきたいと思います。

撮影情報

撮影者 一般社団法人みらいサポート石巻(神輿、流燈、花火) 石巻川開祭実行委員会(孫兵衛船競漕)
撮影場所 宮城県 石巻市中心部旧北上川沿川
撮影時期 平成25年7月31日(流燈) 8月1日(神輿、花火、孫兵衛船競漕)

オススメ