遠賀川あしや花火大会

芦屋の花火大会は、大正時代に始まったとされ、一時期中断しましたが、 本格的には戦後昭和25年ごろ再開し、現在にいたっています。
県下でも3本の指に入るほどの歴史と実績のある花火大会で、 芦屋町の観光事業の最大のイベントとなっています。
この花火大会は、遠賀川河口に架かる芦屋橋上流に浮かべた鉄船の上から打ち揚げるため、 空に舞い上がった花火が、川面に写りその美しさを倍増させます。
あしや花火大会は、約7,000発もの花火が連発して打ち上がり、見る人を飽きさせず、北九州市や筑豊地区など近郊から、多くの人出で賑わっています。

応募理由

伝統的な花火大会をより多くの方に観覧していただくことで、芦屋町の魅力を、県内外に広げていきたいと考え、応募させていただきました。

撮影情報

撮影者 芦屋町役場 地域づくり課 商工観光係
撮影場所 福岡県 遠賀川河口
撮影時期 7月下旬

オススメ