10/3(土)~10/31(土)水都大阪フェス2015 SNSキャンペーン 第3弾![水都大阪フォトコンテスト]

SNSキャンペーン第3段

水都大阪フェス2015 SNSキャンペーン第3弾![Twitter・Instagram・Facebook]
<ラバー・ダックグッズが当たる!水都大阪フォトコンテスト!>

【 コンテスト概要 】>

水都大阪フェス2015SNSキャンペーン第1弾・2弾に続き、第3段を実施致します!
第3弾は水都大阪フェス2015開催期間中~10月31日(土)まで水都大阪フォトコンテストを行います。
中之島公園で開催する水都大阪フェス2015期間中や、過ごしやすい秋の気候の中、水都大阪の魅力が伝わるような写真を撮ってください。
①「水辺風景部門」、②「クルーズ部門」、③「橋梁部門」の各部門で1作品ずつ、最大3作品応募ができます。
受賞者には水都大阪フェス2015で展示されるラバー・ダックのかわいいグッズをプレゼント致します!

<募集部門>

①「水辺風景部門」
水都大阪の風景写真やそこで楽しむ様子の写真など
②「クルーズ部門」
クルーズ船を含む写真や、乗船している様子の写真など
③「橋梁部門」
大阪にたくさんある橋を含む写真、ライトアップされている橋の写真など

<賞品について>

[ラバー・ダックグッズ]
IMG_9639_IMG_9639DSCN0922IMG_9639__
※写真はイメージです。
■金賞 10名
レプリカ/ミニレプリカ/ストラップ/イヤホンジャック/マグネット3種

■銀賞 30名
A4クリアファイル/缶バッチ3種/ステッカー

※賞品は変わる場合があります。

<応募について>

□応募方法:Twitter・Instagram・Facebookにて部門を明記の上写真を投稿
※各SNSにより投稿方法が異なる為、以下参照

□応募(投稿)期間:2015年10月3日(土)~2015年10月31(土)23:59まで

□当選結果:2015年11月16日(月)以降(予定)、厳正な審査のうえ、入賞作品を発表いたします。

[Step1]水都大阪パートナーズ公式アカウントをフォロー
[Step2]

□Twitter・Instagramにて応募

  • <Step1>水都大阪パートナーズ公式アカウントをフォロー
  • <Step2>#水都大阪フォトコン2015をつけて応募する部門を明記して、水都大阪の景色やクルーズ、水都大阪フェス2015の写真を投稿しよう!

※ご応募いただく際は必ずアカウントの投稿を“公開”にした状態で参加ください。投稿が非公開の場合は参加とみなされませんのでご注意ください。
□We’re水都大阪Twitterアカウント
水都大阪Twitterアカウント
□We’re水都大阪Instagramアカウント
Instagram_banner

□Facebookにて応募

  • <Step1>水都大阪パートナーズFacebookページWe’re水都大阪指定の記事に応募する部門を明記して、水都大阪の景色やクルーズ、水都大阪フェス2015の写真を投稿しよう!

水都大阪Facebookページ

<応募規定>

□ 公開・使用について
応募作品の使用権は(一社)水都大阪パートナーズ(以下、主催者といいます)に帰属し、弊社にて内容を確認のうえ、弊社のホームページや各種パンフレット、広告宣伝物等に主催者の判断で使用させていただく場合があります。
※このような利用を希望しない場合は投稿をご遠慮ください。

□応募作品について
※ご応募作品については、応募者本人が著作権を有すること、コンテストなどで未発表の作品に限ります。(個人のホームページやSNSなどでの掲載は可)
※応募内容に人物が写っている場合は、必ず被写体の方に応募の許可を得てからご応募ください。
※万一、応募者が応募した作品について、著作権侵害、名誉毀損またはプライバシー侵害等、第三者との間に紛争等が生じた場合には、応募者本人がその責任において当該紛争等を解決するものとし、主催者は、一切責任を負いません。
※ご応募は、お一人様につき1部門1作品、最大3作品とさせていただきます。
※ご応募いただいた作品は編集や加工をさせていただく場合があります。
※ご応募いただいた作品は返却いたしかねます。

□個人情報のについて
※本コンテストを通じて得た応募者および当選者の個人情報は、当選者へのご連絡およびプレゼントの発送に使用し、その他の目的には使用致しません。

<審査について>

(一社)水都大阪パートナーズにて選考させて頂きます。
選考後「お気に入り」または「いいね!」の多い順から金賞・銀賞を決定致します。
※「お気に入り」または「いいね!」は10月31日(土)時点でのカウントとします。

【パートナーズのサイトで元記事を読む】