2014.02.01 Sat

お宮の堀岸

お宮の堀岸

堀(クリーク)の面積が町域の約14%を占める大木町では、古代より農業用水や生活用水を確保するために堀を掘り、活 […]

    お宮の堀岸

    堀(クリーク)の面積が町域の約14%を占める大木町では、古代より農業用水や生活用水を確保するために堀を掘り、活用してきました。また集落ごとに存在する鎮守の杜は水の恵みへの感謝する場であるとともに、水争いを協議する場としても機能していました。堀に映る夕日も格別ですが、こうして水面に周りの景色が映り込むのも流れの静かな堀ならではのこと。このような景色は、町の随所で見ることができます。自然景観というよりは人と自然が作り出した文化的景観といえるでしょう。

    Writer's Profile
    ミズベリング

    ミズベリングとは、「水辺+リング」の造語で、
    水辺好きの輪を広げていこう!という意味。

    四季。界隈。下町。祭り。クリエイティブ…。
    あらためて日本のコミュニティの誇りを水辺から見直すことで、
    モチベーション、イノベーション、リノベーションの
    機運を高めていく運動体になれば、と思います。

    Google+

    • Facebookアカウント
    • Twitterアカウント
    Mizbering © 2017 All rights reserved.