2015信濃川リバーガイド

IMG_0335

 

毎年ゴールデンウィーク期間中の5月3日~5日に開催される信濃川感謝祭 やすらぎ堤川まつり

信濃川の右岸にあるNST本社を中心としたイベントで、やすらぎ堤に数多くの鯉のぼりが揚がり、フリーマーケットや様々なイベントが行われ、大勢の人で賑わいます。

 

IMG_0341

 

この川祭りのイベントの一つとして「信濃川ウォーターシャトルの乗船体験」が行われます。1日7回の乗船が無料ということで毎回、多くの希望者が乗船し毎回、満員御礼の状況です。

 

IMG_0336

 

今年の信濃川ウォーターシャトルの乗船体験は、万代橋上流右岸の船着き場から乗船し、信濃川上流に向け出発し、八千代橋を抜け昭和大橋手前で旋回、さらに下流の万代橋、柳都大橋をくぐり朱鷺メッセ〜佐渡汽船で折り返し、みなとぴあの前を通り再び万代橋を抜け戻るルートでした。

 

大熊代表山岸副代表01

今年は7便ある内の午前中の2便で新潟水辺の会の大熊孝代表と山岸副代表による『信濃川クルーズガイド』が行われました。

 

2015川祭り04

 

 

連休という事もあり2便とも満席でした。NST前の乗船場を出発、まずは上流を目指します。新潟地震で落橋した昭和大橋や、やすらぎ堤、越後線などの解説を行いました。

 

 

2015川祭り05

 

 

昭和大橋手前で旋回し、今度は下流へ。信濃川がかつて幅1kmあった事や万代橋の解説をしながら、佐渡汽船まで向かいます。

 

2015川祭り06

 

左岸の「みなとぴあ」です。連休中はプロジェクションマッピングなどのイベントが行われました。およそ40分の船旅ですが、多くの親子連れが乗船し、リバーガイドによる解説に、初めて知る事や船川眺める信濃川の風景に、新鮮な驚きを感じているようでした。

 

 

IMG_0339

 

大役を果たしたお二人。昼食時に失礼して記念写真です。
お疲れさまでした。

 

新潟市民に親しまれる信濃川ですが、こうたしガイドの説明を聞く事で、より身近に感じられるようになる事でしょう。

 

 

 

 

【パートナーズのサイトで元記事を読む】
2015信濃川リバーガイド