相模川水系相模川

半世紀前、相模川には玉石や生活物資を運ぶ帆かけ舟が運行していました。長らく途絶えていた帆かけ舟ですが、昭和58年に明治時代に使われていた帆が見つかったことを機に、磯部民俗資料保存会の手で復元され、現在は毎年8月上旬に実演会が行なわれています。雄大な丹沢を背景に悠々と浮かぶ帆かけ舟は、昔の相模川の姿を思い出させてくれます。

応募理由

撮影情報

撮影者
撮影場所 神奈川県 相模原市南区磯部
撮影時期 8月上旬

オススメ