荒川水系大相模調節池

越谷レイクタウンの中心となる大相模調節池は、大雨による元荒川の氾濫を抑えるため、元荒川から水を流し、一時的に水を溜め込む役割をしており、町を水害から守る大切な存在です。池にはビオトープや、池の周辺を散歩できるようレイクサイドウォークが設けてあり、ディンギー(小型ヨット)やカヌーを楽しむことができ、水と緑と共に暮らす町を創出しています。

応募理由

撮影情報

撮影者
撮影場所 埼玉県 埼玉県越谷市大成町5丁目大相模調節池
撮影時期 平成24年5月日中

オススメ