利根川水系広瀬川

前橋市の中心市街地を水量豊に流れる広瀬川は、古くは農業用水として、また前橋市発展の礎となった絹産業の動力など、市民の生活の一部として活用されてきました。また本市出身の詩人、萩原朔太郎ゆかりの場所でもあり、現在は、前橋市のキャッチフレーズである「水と緑と詩のまち」を体現する場所として、市民に親しまれており、文学館や美術館などの文化的な建物を背景に、春に桜、夏は柳とケヤキ、秋は紅葉、冬はイルミネーションと、四季折々の風景を楽しむことができる水辺空間です。

応募理由

撮影情報

撮影者
撮影場所 群馬県 群馬県前橋市千代田町三丁目、城東町一丁目
撮影時期 平成25年10月

オススメ