庄内川水系庄内川

庄内川に広がるかつての枇杷島河原。茶せん髷に、腰に色々なものをぶら下げた吉法師(後の信長)は、日吉丸(後の秀吉)や犬千代(後の利家)たちとこの河原でよく遊びました。彼らは川狩などをして魚をとり、枇杷島や清須、津島まで売りに行ったと言われています。また、松平竹千代(後の家康)が織田家の人質として、尾張で生活した時、当時朝夕庄内川で泳ぎ、河原で遊んでいた信長は、きっと孤独な竹千代を誘い、一緒になって枇杷島河原で遊んだに違いありません。歴史の想像は実に奥深く、庄内川と戦国武将のつながりは浪漫に溢れています。

応募理由

撮影情報

撮影者
撮影場所 愛知県 清須市都市計画課撮影愛知県清須市西枇杷島町地内枇杷島河原(庄内川)
撮影時期 平成25年10月12日日中

オススメ