木曽川(揖斐川)水系水門川

水門川住吉灯台付近は俳人松尾芭蕉が「奥の細道」でむすびの句を詠んだ地で、俳聖が代表作のむすびの地に選んだのにふさわしく、春は桜、夏は水草、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の景観が楽しめる魅力ある水辺空間です。春と秋には、たらい舟などによる舟下りの催しが実施され、みなもからの景色を楽しもうと多くの観光客が訪れます。

応募理由

撮影情報

撮影者
撮影場所 岐阜県 岐阜県大垣市船町(水門川)
撮影時期 平成25年5月

オススメ