木曽川水系木曽川

大正11年9月に誕生した桃介橋は、木曽川の水力発電に力を注いだ福沢桃介が、読書発電所の建設資材運搬用に架設したものです。全長247m、幅2.7mで、日本最大級の木製吊り橋です。資材運搬路の役目を終えた後、生活路として使われるようになります。木曽川と桃介橋の歴史を感じることのできる風景です。

応募理由

撮影情報

撮影者
撮影場所 長野県 南木曽町職員、桃介橋とl木曽川
撮影時期 初夏、午前11時頃

オススメ