信濃川水系千曲川

千曲川は日本で一番長い川として知られているばかりでなく、古くは万葉の頃から多くの詩歌に歌われ、近代になっても演歌など多くの人が日本人の郷愁を誘う原風景の伴う川として、流域3県で暮らす人々の憩いの場になっています。また当市の名の由来ともなっている千曲川は、善光寺参りの精進落としの場として栄えた戸倉上山田温泉や日本三大車窓の一つである姨捨駅から見る善光寺平などをかかえ、その流れや河川敷が四季折々のさまざまな風景を創り出し、当市ではなくてはならない魅力を演出しています。

応募理由

撮影情報

撮影者
撮影場所 長野県 長野県千曲市一級河川千曲川
撮影時期 平成25年8月日中

オススメ