淀川水系淀川

高槻市の東部、道鵜町の淀川河川敷に広大な「鵜殿のヨシ」が群生しています。鵜殿に生えるヨシは、高さ3mもある大形のヨシ。太く弾力性に富んでおり、雅楽で用いられる楽器・篳篥の吹き口として珍重され、宮内庁雅楽部でも使われています。鵜殿では、雑草などを防いで品質のよいヨシを育てるため、毎年2月に地元の人々の協力のもと「鵜殿のヨシ原焼き」が行なわれています。

応募理由

撮影情報

撮影者
撮影場所 大阪府 大阪府高槻市鵜殿(淀川)
撮影時期 平成25年2月中

オススメ