天神川水系玉川

重要伝統的建造物群保存地区として指定されている打吹玉川地区は、江戸時代末期から昭和20年までに建てられた白壁と焼き杉の腰板からなる土蔵や家屋が多く立ち並び、当時の面影を残す懐かしい佇まいをみせており、市の観光スポットである他、玉川付近では春には「打吹流し雛」、夏にはかがり火とビン灯篭で土蔵群を幻想的に照らす「光の回廊」、秋には優しい和紙の行燈で照らす「山陰KAMIあかり」など多くのイベントが開催されています。

応募理由

撮影情報

撮影者
撮影場所 鳥取県 鳥取県倉吉市研屋町(玉川)
撮影時期 平成25年7月28日(光の回廊)

オススメ