自然とふれあえる場所

福岡県の東部に位置する田川郡赤村は、福岡県内で2つしかない村の一つであり、英彦山から扇状に走った山麓に挟まれた細長い盆地で、英彦山を源流とした今川が流れています。土地は肥沃で昔から良質米が生産されており、山間部一帯では、緑と清流がつくりだした素晴らしい景観に恵まれ、清流でしかみられないホタルもみられます。
写真の場所は2級水系今川の上流部にある、自然学習村「源じいの森」の施設を囲むように流れています。自然形状を活かした、人々が川と親しめる河川公園を整備いたしました。施設にはキャンプ場、バンガロー、研修施設、温泉もあり、多くの観光客や家族連れがこられております。みなさんも自然とふれあい楽しんでみてはどうでしょうか。帰りに来てよかったと実感することでしょう。

応募理由

今川は、赤村の自然学習村「源じいの森」の施設内を流下しており、自然形状を活かした人々が川と親しめる河川公園の整備を行ってます。また、施設も充実してますので、多くの方にお越しいただき、自然を満喫してもらいたいと思います。

撮影情報

撮影者 福岡県県土整備部河川課
撮影場所 福岡県 田川郡赤村
撮影時期 平成26年9月

オススメ