香肌峡もり夏まつり

三重県松阪市飯高町森地区では、毎年8月中旬のお盆の時期に「香肌峡もり夏まつり」が開催されます。
昼の部では「こどもあまごつかみ大会」(写真)が、夜の部では、ビンゴゲーム、清流太鼓、花火大会などが催されます。こどもアマゴつかみ大会では、くるぶし程度の水が流れる川の中いっぱいに大勢の子ども達が溢れ、元気にアマゴを追いかけます。

【近場の観光スポット】
《国土交通省 蓮ダム》
国土交通省が管理する、高さ78m、総貯水容量3,260万m3の重力式コンクリートダムです。治水、発電、水道、流水の正常な機能の維持の4つの目的があります。毎年7月の「森と湖に親しむ旬間」には、ダム探検や流木アート、湖上巡視体験などのイベントが開催され、多くの小学生や家族連れが参加されています。

《香肌峡天然温泉「森のホテル スメール」》
香肌峡の天然温泉で、こどもアマゴつかみ大会が開催される唐谷川の直ぐ近くにあり、夏の避暑地として沢山の方をお迎えしています。

応募理由

この一帯は、香肌峡天然温泉「森のホテル スメール」もあり、夏の避暑地として多くの方をお迎えしています。毎年お盆の時期には「香肌峡夏まつり」が開催され、唐谷川では「こどもアマゴつかみ大会」が行われ多くの人で賑わいます。多くの皆さんのお越しをお待ちしております。

撮影情報

撮影者 松阪市飯高地域振興局
撮影場所 三重県 松阪市
撮影時期 平成26年8月

オススメ