全国花火名人選抜競技大会 ふくろい遠州の花火

日本伝統の花火文化と煙火技術、芸術性を前面に打ち出し、袋井が誇る地域資源として全国、海外へ発信していくことを目的の一つとして毎年開催しております。
「全国花火名人選抜競技大会」として、全国から選抜された最高峰の花火師により、間近で堪能できる臨場感の中で体感する「音と光の総合芸術」と、趣向を凝らした魅力溢れるプログラムを編成した多彩な演出が繰り広げられます。

平成26年度は、8月9日(土)に開催しました。
今年度でふくろい遠州の花火は19回目、全国花火名人選抜競技大会は17回目を迎えました。
天候が悪かったため、観覧客数は約33万人と、前年度より落ち込みましたが、打上数2万5千発の鮮やかな花火が原野谷川の河川敷に打ち上げられました。
また、観覧客への「ごみの持ち帰り運動」や花火後に開催される「クリーンアップ作戦」で、環境美化にも取り組んでいます。今年度実施されたクリーンアップ作戦では、約3,500名の方々に御参加していただきました。

全国花火名人選抜競技大会 8月9日(土)

応募理由

ぜひ皆様にもお越し頂き、水辺に浮かぶ花火に感動して頂きたいから。

撮影情報

撮影者 静岡県袋井土木事務所
撮影場所 静岡県 袋井市
撮影時期 8月上旬

オススメ