富士山御神火(ごじんか)まつり 神田川「湧玉池」

富士山御神火[ごじんか]まつりが、毎年8月の第1土曜日に富士山本宮浅間大社境内と市街目抜き通りで開催されます。水温13度程の冷たい神田川に御輿が突入。
神田川は、一級水系富士川の支川で、その源は富士山本宮浅間大社境内の「湧玉池[わくたまいけ](富士山の湧き水)」に発しています。
ご存じの方も多いことでしょうが、富士山本宮浅間大社は、“世界遺産『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』”の構成資産です。
富士砂防広報誌(ふじあざみ)64号(平成19年7月30日発行)もご覧下さい(以下、URL)。
http://www.cbr.mlit.go.jp/fujisabo/jimusyo/fujiazami/fujiazami_64/fujiazami_64.pdf

応募理由

ひんやりする流水は、子どもたちに人気の水辺です。

撮影情報

撮影者 中部地方整備局 富士砂防事務所 富士宮砂防出張所 加藤
撮影場所 静岡県 富士宮市
撮影時期 平成25年5月6日

オススメ