「グリバーさがえ」は遊びがいっぱい

・平成25年4月1日に供用開始いたしました、「グリバーさがえ」(最上川寒河江緑地)は、山形県の母なる川最上川沿いにあり、全国でも珍しい完全管理型の多目的水面広場と、多目的芝生広場を有し、一年を通して多くの利用者に開放しております。
・多目的水面広場は、延長600m、巾110~150mの広大な水面を有し、カヌー等の競技や練習、体験に利用されている他、水上バイクを利用したバナナボートなどの水上アクティビティも体験できる、まさしく水辺のワンダーランドです。3月から11月までの週末をメインに、各種競技会やイベントを開催しており、身近で安全な水辺空間を提供しております。
・多目的芝生広場では、野球・サッカーなどの球技やピクニックなど一年を通して多くの方にご利用いただいております。また、10月には、利用者の利便性を確保するための、トレーラーハウスを改造したオープンカフェが開店し、地元の食材を利用した各種フードメニューを提供する予定となっております。
・これからももっと多くの利用者の方に、水辺の危険性を十分、教えながら、水辺の楽しさを伝え、多くの人が水辺を愛し身近に感じる空間づくりを行います。今後も、様々なイベントを通して水辺の楽しさを発信していきたいと思っていますので、多くの方々のご来場をお願いしております。

応募理由

グリバーさがえ(最上川寒河江緑地)は、平成25年度より供用開始された寒河江市の都市公園になります。特徴は完全管理型の多目的水面広場を有し、安全な水辺空間を提供しております。また、水辺の楽しさや危険性を伝えるための様々なプログラムを実施しており、安全で楽しい水辺の施設を目指しておりますので、多くの方に来場して頂きたいと思います。

撮影情報

撮影者 特定非営利活動法人 スペース・アンド・タイム・クリエーション
撮影場所 山形県 寒河江市
撮影時期 平成25年6月

オススメ