天下の奇祭 三谷祭

4台の絢爛豪華な山車が氏子に引かれながら300mに渡って海を進む、迫力ある光景を見ることができます。

詳細情報
「山車(やま)」と呼ばれる美しく巨大な車を「氏子(うじこ)」の大勢の男性が力強く引き回し、八剱神社と若宮神社の間を練り歩く、蒲郡の誇る日本でも珍しい祭です。
日曜日には「海中渡御(かいちゅうとぎょ)」が行われ、4台の絢爛豪華な山車が氏子に引かれながら300mに渡って海を進む、迫力ある光景を見ることができます。
4台の山車が海に曳き入れられ、人々のかけ声や水しぶきと共に、三谷の海岸が熱気とエネルギーで溢れます。海の中を山車が渡っていく光景は迫力いっぱいでまさに圧巻です。
夜の山車は提灯に灯りがともり、とても幻想的です。

応募理由

元禄時代から受け継がれる三谷町の例祭をより多くの方に知ってもらい、足を運んでいただきたいため応募しました。

撮影情報

撮影者 牧野寿夫
撮影場所 愛知県 蒲郡市
撮影時期 2012/10/28

オススメ