• 藤英二

    ミステリーロマン作家/江戸文化探求家/デザイン会社代表取締役

    1946年福島県福島市生まれ。1968年早稲田大学第一文学部中退 。2010年 『写楽な恋―寛政捕物夜話―』出版。2012年『東洲斎江戸切絵図―寛政捕物夜話II-』出版。2017年に上記2冊電子出版(楽天KINDLE、AMAZON)。近刊予告『東洲斎対写楽―寛政捕物夜話III―』
    大学中退後、専門学校で英語を学び直し同時通訳を目指したのち、プロダクトデザイン会社に米国バイヤーのコーディネイターとして入社。2000年に遊技機デザインの専門会社に改組し代表取締役に就任。一方でミステリー作家を志す。もともと好きだった北斎に加え、2000年頃から「写楽とはだれか」の謎解きにもはまり、江戸文化全般に関心を広げていく。『寛政捕物夜話シリーズ』では捕物帖の体裁をとりながら写楽の謎に迫り、近刊『東洲斎対写楽―寛政捕物夜話III―』では「写楽は2人いて、しかも1人は日本人ではない」という大胆な推論を導き出している。現在、若き日の宮本武蔵の小説を執筆中(2018年出版予定)。趣味は毎週日曜の早朝テニス。
    著書(寛政捕物夜話シリーズ)
    『写楽な恋―寛政捕物夜話I―』
    『写楽な恋―寛政捕物夜話I―』電子書籍版
    『東洲斎江戸切絵図―寛政捕物夜話II―』
    『東洲斎江戸切絵図―寛政捕物夜話II―』電子書籍版

    プロフィールの全文を見る
    • Facebookアカウント
  • 榊原あすか

    本職はPRコンサルタント(フリーランス)。
    PRや広報周りの企画から情報発信、制作まで幅広く行なっています。
    ミズベリング・プロジェクトは2016年春から参画して、広報業務をお手伝い中。
    キャリアのスタートが百貨店だったせいか、ファッションやモノコト場所など有形無形のグッドセンスを見つけたり体験したりするのが好き。素敵な水辺の楽しみ方を見つけて発信して行きたいです。
    その他通年で携わっているおシゴトは交通安全キャンペーンの「おもいやりライト運動」、アウトバウンドPR「マカオ観光局」など。

    おもいやりライト運動
    http://www.omoiyari-light.com
    マカオ観光局
    http://jp.macaotourism.gov.mo/index.php

    プロフィールの全文を見る
  • ミズベリング

    ミズベリングとは、「水辺+リング」の造語で、
    水辺好きの輪を広げていこう!という意味。

    四季。界隈。下町。祭り。クリエイティブ…。
    あらためて日本のコミュニティの誇りを水辺から見直すことで、
    モチベーション、イノベーション、リノベーションの
    機運を高めていく運動体になれば、と思います。

    Google+

    プロフィールの全文を見る
    • Facebookアカウント
    • Twitterアカウント
  • MIZSUKI

    どんぶらこ〜どんぶらこ〜、と人生を川の流れの様に謳歌しております。
    MIZSUKIでございます。
    主に川に出現する人達をウォッチングしております。

    プロフィールの全文を見る
  • 豊田 華奈女

    隅田川のほとりに住みながら茨城を愛する2児の母。DTPが始まる以前から出版業界の端っこにいる。永遠のサーフィン初心者。夏は海遊びや川遊び、冬は雪山に出かけるのが大好き。
    イタリアでパラリンピックを観るためにウィークリーマンションを借りたり、チリの辺境サーフスポットに丸腰で挑むなど無謀な旅を企画し周囲を巻き込む癖あり。

    プロフィールの全文を見る
  • 渡辺真也

    インディペンデントキュレーター。映画監督。ベルリン工科経済大学講師。ニューヨーク大学大学院修士課程修了後、イーサン・コーヘン・ファインアートのギャラリー・マネージャー、東京都歴史文化財団 東京文化発信プロジェクト室勤務を経て、2011年に渡独。現在ベルリン芸術大学博士課程にて、『ヨーゼフ・ボイスとナムジュン・パイクのユーラシア』論を執筆中。2016年には初監督となる映画『Soul Odyssey - ユーラシアを探して』を公開予定。 profile Photo: 金瑞姫 http://www.shinyawatanabe.net/

    プロフィールの全文を見る
  • 常深久代

    大阪商工会議所 地域振興部 勤務。
    2年前から大阪の水都に関する事業に関わる、ミズベ初心者。
    もっともっと水辺の魅力を発見すべく、
    川の見える物件に転居を検討中。
    趣味は旅行。特技は武道。

    プロフィールの全文を見る
  • ソトノバ

    ソトノバは、「ソトを居場所に、イイバショに!」をテーマにしたパブリックスペース特化型ウェブマガジンです。
    身の回りの街のソトを楽しく豊かに使いこなすために役立つアイデアや、国内・海外問わずパブリックスペース(ソト)の情報を発信します。
    ぼくらはソトやパブリックスペースに関心ある、様々な若手のメンバーでチームをつくっています。仕事で学ぶ知識と経験に加え、自分たちの感性で感じるワクワクすることを、純粋な気持ちで届けています。
    ソトをもっともっと楽しく!そんな未来をつくっていきます。
    http://sotonoba.place

    プロフィールの全文を見る
  • 滝澤 恭平

    まちづくりプランナー/編集者/ディレクター/水辺総研主任研究員/善福蛙事務局長/「ミズベリングプロジェクト」ディレクター

    1998年大阪大学人間科学部卒業、角川書店にて編集者として勤務。2007年工学院大学建築学科卒業、ランドスケープデザイン事務所・愛植物設計事務所勤務。2011年より独立。雑誌「ソトコト」で地域の自然と人間の関係をさぐる“ハビタ・ランドスケープ”を連載。九州霧島火山のWebマガジン「あまつち」、テクノロジーと未来社会に関する「テレスコープマガジン」等を立ち上げる。地域、環境、技術などをテーマとしたコンテンツの編集、地域づくりのプロデュース等を行う。地元の水辺として、東京杉並区の善福寺川を市民力で里川に変える「善福蛙」で活動を行っている。
    2014年東京工業大学大学院社会理工学研究科修士課程修了、水辺インフラの合意形成を研究。2015年、水辺総研を共同設立者として立ち上げ、全国の水辺のまちづくりを精力的にサポートしている。
    水辺総研
    善福蛙
    あまつち
    テレスコープマガジン:

    プロフィールの全文を見る
    • Facebookアカウント
  • 井出玄一 /GenIde

    一般社団法人BOAT PEOPLE Association 代表理事

    ロンドン芸術大学 CCWカレッジおよびロンドン・カレッジ・オブ・ファッション 国際事業参与
    公益財団法人リバーフロント研究所主催の”水辺とまちのソーシャルデザイン懇談会”コメンテーター
    プラントエンジニアリング会社、店舗開発、地域振興系シンクタンクなどを経て現職。
    川から日本がカワることを目指しています!ミズベリングはカワリング!
    BOAT PEOPLE Association

    プロフィールの全文を見る
    • Facebookアカウント
  • 糸井 孔帥

    水主(櫓や櫂による舟の漕ぎ手・「かこ」と呼びます)

    NPO法人 横浜シーフレンズ理事(日本レクリエーショナルカヌー協会公認校)
    帆船日本丸記念財団シーカヤックインストラクター
    水辺荘アドバイザー
    横浜市カヌー協会理事

    東京海洋大学大学院(海洋科学)在学中に、東京や横浜で海や港のフィールドワークをシーカヤックを通して学ぶ間に街中の水辺の魅力に引き込まれ現在に至ります。
    大都市の水辺は、多くの旅人が行き交い賑わう場所で、また自然と対峙するアウトドアでもあります。
    水辺をよく知ることが、町や歴史や国を知り旅の深みを増す契機となり、 また水辺の経験により自己を顧みる機会となります。
    日本各地において水辺の最前線で活動しているプレーヤーの紹介を通して、水辺からの観光、地元の新たな魅力、 水辺のアウトドアスポットに触れる機会を作っていきたいです。
    シーカヤックインストラクター(日本レクリエーショナルカヌー協会シーシニア)、一級小型船舶操縦士、自然体験活動指導者(NEALリーダー)。趣味は、シーカヤック・SUP(スタンドアップパドルボード)スキンダイビング・シュノーケリング・水中ホッケー・カヌーポロ・ドラゴンボート、そして島巡り旅。

    プロフィールの全文を見る
  • 岩本 唯史

    RaasDESIGN一級建築士事務所代表、株式会社水辺総研代表取締役、BOAT PEOPLE Association理事、水辺荘発起人

    公共空間としての水辺がよくなることで、社会がよくなると考える。建築家として建物のリノベーションを主に設計の仕事をしている傍ら、都市をリノベーションするのであれば、公共空間である水辺を外して考えることはできないと考え活動している。BOAT PEOPLE Associationのメンバーとして、いままでさまざまな水辺のトライアンドエラーを繰り返して社会に水辺の空間のあり方とつきあい方を提案してきた。
    2005年横浜トリエンナーレ出展作品「Life on Board II」「内閣府都市再生モデル調査事業、FLOATING EMERGENCY PLATFORM」「地震EXPO09(BankART)」「東京アートポイント LOB09-10」など。最近は横浜の水辺を「使い倒す」ことを目的に、水辺のソーシャルスペース「水辺荘」を日ノ出町たちあげ、都市に新しい風景をつくる試みをたくさん行っている。
    RaasDESIGN
    株式会社水辺総研
    水辺荘
    BOAT PEOPLE Association

    プロフィールの全文を見る
    • Facebookアカウント
    • Twitterアカウント
  • 髙山 英男

    自称・中級暗渠ハンター

    ある日「自分の心の中の暗渠」に気が付いて以来、憑かれたように暗渠を追いかけては自ブログ「東京Peeling!」に書きなぐる毎日。そういえば小さいころから「水」が好きだったなあと最近やっと気がついた。
    2015年6月、吉村生と共著で『暗渠マニアック!』(柏書房)を出版。『地形を楽しむ東京「暗渠」散歩』本田創編(洋泉社)にも一部執筆。本業での著書は『絵でみる広告ビジネスと業界のしくみ』(日本能率協会マネジメントセンター)等。日本地図学会所属。

    プロフィールの全文を見る
  • 鈴木沓子

    編集者・ライター

    新聞社を経て独立、主にアートやメディア、都市の公共性をテーマに、編集・執筆・翻訳をおこなう。愛車SURLY パグスレーで、川沿いや浜辺など水辺ライドをゆくのが楽しみ。共訳書に『海賊のジレンマ』(フィルムアート社)、『BANKSY YOU ARE AN ACCEPTABLE LEVEL OF THREAT【日本語版】』(パルコ出版)、『BANKSY’S BRISTOL Home Sweet Home』(作品社)など。

    プロフィールの全文を見る
    • Facebookアカウント
    • Twitterアカウント
  • 三土たつお

    1976年、東京・霜降銀座の近くの西ヶ原で生まれる。『地形を楽しむ東京「暗渠」散歩』『凹凸を楽しむ東京「スリバチ」地形散歩』(共に洋泉社)などに寄稿。「@nifty:デイリーポータルZ」で街ネタをよく書いてます。

    プロフィールの全文を見る
  • 小松浩二

    REFS代表 、沼津ジャーナル編集長、上土商店街理事

    学生時代、ユーラシア横断を旅した時に日本の素晴らしさ、そしてどの国でもおいしいモノのまわりには人が集まり笑顔が集まる事を見て食の道に進み食品会社に入社。バイヤー業を務め6年後地元に戻り地域のReal food storyを発信するため、沼津上土(あげつち)商店街で野菜のセレクトショップREFSを起業。畑に行き野菜を仕入れながら畑で写真や映像を撮影し食べる人と食の物語を共有させる小売店を運営。
    生産地の畑と、消費地の商店街にて有機的な関係を作るため活動をしている。
    商店街で沼津ナイトマーケット、川辺で狩野川ローカルマーケット、沼津港でライジングサンマフェスティバルの実行委員長を務めながら地域の魅力を見つめ発信するためwebにて沼津の物語を発信する沼津ジャーナルを立ち上げる。
    山・川・海・街のある沼津。現状活かされてない地域の資源をどのように使えるか提案をしながら実践をしている。

    沼津ジャーナル
    http://numazu-j.net/

    プロフィールの全文を見る
  • 本田創

    暗渠者 Underdrain explorer

    1972年、東京都生まれ。小学生の頃祖父に貰った1950年代の東京区分地図で川探索に目覚め、実家の近所を流れていた谷田川(藍染川)跡の道から暗渠の道にハマる。 1997年より開始した東京の暗渠や河川、湧水を巡るウェブサイト「東京の水」は現在"東京の水2009Fragments"として展開中。 『地形を楽しむ東京「暗渠」散歩』(洋泉社)編著。 ほんとうは暗渠よりも清流が好き。

    プロフィールの全文を見る
    • Twitterアカウント
  • 船本 由佳

    ライター・パーソナリティ・司会者

    大阪出身横浜在住。実家は大阪で海運業を営む。
    BankARTスクール「これからどうなるヨコハマ」に水辺班メンバーとして参加。放送局キャスターを経て、現在は二児の育児のかたわら「ヨコハマ経済新聞」「子育て情報紙ベイ★キッズ」などでライターとして活動中。

    プロフィールの全文を見る
    • Facebookアカウント
  • 吉村生

    杉並区を中心に、縁のある土地の暗渠について掘り下げたり、暗渠のほとりで飲み食いをしたり、ひたすら暗渠蓋の写真を集めたり、銭湯やラムネ工場と暗渠を関連づけるなど、好奇心の赴くままに活動している。
    「暗渠さんぽ」http://kaeru.moe-nifty.com/ 管理人、『地形を楽しむ東京「暗渠」散歩』分担執筆。

    プロフィールの全文を見る