2014.03.03 Mon

東京運河21km SUPツーリング

東京運河21km SUPツーリング

いま話題の、ボードに立ちながらパドルで漕ぐSUPに乗って、迷路のような東京の運河を回ってみた。

東京セントラルイーストの運河を行く。

東京運河21km SUPツーリング

ライター:糸井 孔帥
1 2 3 4 5 6

出発地

SUPだけでなくマリンスポーツのアクティビィティ全てに等しく言える事は、出発地をどこに設定するかということです。
今回フィールドは東京。護岸パラダイスの運河・港湾地帯。荒川や多摩川などの大型の河川敷では護岸はないのですが、東京都内から少し離れた場所に位置し、本命の場所である神田川までのツーリングを考えると時間がまったく足りません。
そのため、護岸パラダイスの中にオアシスのように存在する希少な出発地点(出艇ポイント)をあらかじめ目星を付け、その近くの駐車場に停めます。
今回の出発地は、越中島と月島を結ぶ相生橋。その越中島側にある隅田川沿いの中の島公園からスタートです。
この公園に桟橋はありませんが、代わりに感潮池という潮の満ち干きの影響を受ける空間が公園の内部にあり、そこと隅田川が小さな柵にて区切られています。隅田川といっても、海に近い河口に位置するこの場所では潮流の影響があるため、河川特有の上流から下流へ流れる水の一方向性以外の水の流れも考えなければなりません。それでも、上手くこの「潮位」というものを利用すれば楽に水面に降りられるチャンスがあるのです。
東京潮位ちょうどスタートの時間(12時)は満潮。一方、ゴールの時間(17時半)は干潮に近い。
気象庁の潮位表を参考に作成

さて、まずは中の島公園近くで路上停車をしてツーリングに使う荷物をサッと降ろし、僕は車を駐車場へ、もう1人は荷物を川沿いまで運び出発準備を行います。
今回の同行者は、海洋建築と都市空間を大学院にて学びSUPというマリンスポーツをツールとしながら水辺を観察する若者です。彼にはまずSUPに空気を入れてもらいましょうか。
僕が近くの駐車場から戻ってくると、彼は空気入れに苦戦しています。なんせ手動ポンプで100回以上も空気を入れていかなければなりません。目指すは1気圧近い12psiという表示単位を超えることです。ボードの中に入っている空気圧が適量であることが、ツーリングの良し悪しに関わってきます。そのため、この作業は最も重要なイベントです。
こんなことをしていると、通行人や公園にいる人たちは興味を持って話しかけてくださることも多々あります。
今回は水際の公園ということもあり、お昼から釣りをしているオッチャンたちが話しかけてくれました。

04.中の島公園と釣り人興味を持って話しかけてくれる地元の人たちとの会話はリサーチやツーリングにおいて貴重な情報源

「これは何なの?」とか「空気入れんの、こりゃ大変だわ」とか「なんかあったら助け呼んでやるよ」「風が強いから気ぃつけてな」
そう。この日は風が強い日でした。出発時刻12時で南の風で風速6~7m/sとSUPにとってはレッドシグナルものの強風です。
マリンスポーツで、特に水上のマリンスポーツは風の影響を考えながら遊ぶのですが、SUPも例外ではありません。
ただ、僕はこれから向かうツーリングコースと風向きとメンバーを考えて、今回問題なくツーリングできると判断しました。
この時の風向きは南の風もしくは南南西の風と「南から北への追い風」、一方この夕方の風予報は北の風もしくは北北東の風と「北から南への追い風」と変化します。ちょうど秋から冬にかけての変化の季節ではこういった風が1日で変化することが多々あるのです。昔の大戦略家のように風を味方につけて楽なマリンスポーツをすることが、賢い大人な遊び方と思っています。

11時 12時 13時 14時 15時 16時 17時 18時 19時
風速(m/s) 6.2 7.1 6.3 6.1 3.1 3.2 2.9 3.5 2
風位(方角) 南南西 南南西 南南西 南南西 北北東 北北西

ツーリング当日(2013年11月28日東京)の毎時風情報。南から北へ風向きが変わる予報。
気象庁の過去の気象データを参考に作成

よって、ツーリングコースは南風に乗って北上し、夕方前に北風に乗って南下するコースを前もって組み立てておきました。
では、これを基に神田川へ安全に北上するには、まずどこへ向かいましょうか。

05.中の島公園スタート今回の同行者とスタート地点である中の島公園を離岸

1 2 3 4 5 6
Mizbering © 2017 All rights reserved.