2016.09.23 Fri

RIVER SIDE & TOKYOが開催されます

RIVER SIDE & TOKYOが開催されます

浅草、隅田川テラスで開催される東京都の水辺のイベント

観光の魅力創出につながるか?!東京の水辺の新しい試み。

RIVER SIDE & TOKYOが開催されます

ビジネスではなく旅先としての東京の魅力を国内外にアピールするため、都内の水辺に着目、その楽しみ方を発信するイベント「RIVERSIDE&TOKYO」が10月2日(日)まで、東京・浅草の隅田川テラスで開催中だ。
これは東京都産業労働局が「東京」を世界一の観光都市へと成長させることを目標とした「東京ブランド発信事業」の一環で、“水の都・東京”に向けた第一歩として注目を集めている。「&TOKYO」というのは、そのキャッチフレーズで、ほかのさまざまな言葉とつながることで、ここにしかない観光の楽しさを発信している。
IMG_8409空港などで掲示されている&TOKYOのキャンペーンポスター

開催初日の9月23日には、松下奈緒さんが登壇してPRした。

NM01松下奈緒さん

「RIVERSIDE&TOKYO」は隅田川テラスを4つのエリアに分け、気分によってさまざまな水辺の楽しみ方を体験できる期間限定のイベント。たくさんの風鈴が美しい音色を奏でる幻想的なスペース「風鈴ゲートエリア」、敷かれた畳の上で自由に座ったり寝そべることができる「畳くつろぎエリア」、地元・浅草の飲食店が出店、水辺の景観を楽しみながら飲食できる「飲食エリア」、ヨガやウルトラヒーローが出現する「イベントエリア」など、子どもからお年寄りまで楽しめる。

DSC_0397当日の様子。畳が敷かれたくつろぎの空間。行灯によるライトアップが素敵
area4つのエリアにわかれている(東京都提供)

今回のイベントでは、キャンペーンムービーとキャンペーンポスターが制作され、JR東日本の駅構内や、東京メトロの車内のモニターなどで見ることができるという。

ムービー01

キャンペーンムービー(30秒版)(東京都提供)

ムービー内で使用されているのキャンペーンソング「24/7(トゥエンティフォーセブン)」は、今回のキャンペーンのために書き下ろされたもので、松下さん自身が歌われている。作詞は土岐麻子さん。

松下奈緒さんが語る、東京の水辺の魅力

松下奈緒さん発表会素材_MG_2852東京都提供

松下奈緒さんは、このイベントのスペシャルサポーターに選ばれたことについて、「自分が住んでいるまちについてアピールできることを喜んでいる」と語った。また、水辺については、「これまで東京の川沿いを歩くということをしてこなかった」としながらも、今回の撮影などを通して、「川沿いを歩くと、青い空と青い川がひろがる。東京にそういう景色があったということをあらためて発見した」と語った。

ムービー02ムービー04ムービー05いずれもキャンペーンムービーからのキャプチャ。(東京都提供)

水辺で、いままで気がつかなかった東京の美しさを感じたという松下奈緒さん。「水の都・東京を日本中・世界中の方々に知ってほしい」と語り、ご自身は「カメラ片手に水辺を散歩する」ことをお勧めされていて、また、愛犬の散歩の場所として東京の水辺を利用してみたいと語っていた。記者に問われると、ビールを飲むのもいいですよね、とも。そしてデートもと、いろいろやりたいことがあるご様子だった。

RIVERSIDE & TOKYOの楽しみ方

取材当日はあいにくの天気ながら、噂を聞きつけてか、謎のブルーマンこと「水辺の妖精」が会場に現れた。

風のテラスといい、夕涼みがテーマなんですよ、と知ったような顔で語りだす謎のブルーマン。

DSC_0353突然浅草に初見参した謎のブルーマンこと水辺の妖精。当日はスカイツリーが雲で隠れて見えないほど天候が悪かった

畳のくつろぎエリアはに現れた水辺の妖精。

DSC_0382

まず座ってみる。当然隅田川の方を向くのが流儀。

DSC_0358

正座をしてみる。畳だから、厳かな気持ちで。背景を気にしているのも、やっぱり謎のブルーマンはさすがです。

DSC_0355

ま、寝ちゃってもいいですよね。絵になります。独り占めはだめだとも。

DSC_0362

謎のブルーマンは、女子に大人気。ここでも囲まれる。水辺の雰囲気が、話を盛り上げます。

そしてオブジェの前で決めポーズ。

DSC_0363

謎のブルーマン &TOKYO
確かにやりたいかも!〇〇&TOKYO。

DSC_0366
&TOKYOを押す謎のブルーマン。&TOKYOの政策は謎のブルーマンにおまかせあれ!

インフォメーションに寄ってみる。

DSC_0368
ここで、スタッフの方に風鈴につける紙に、どんな水辺が理想的か、書いてくださいと頼まれるブルーマン。

DSC_0372
当然、泳げる水辺が理想です!キリッ!

風鈴ゲートエリアはこんな感じです。

DSC_0374
風鈴ゲートは、風と音を感じながら通るもの、だそうです。さすが謎のブルーマン。

IMG_0723
そして、ひとつひとつの風鈴に耳を傾けると、癒されるよ、とのこと。

風を耳で感じるというのは、なかなか素敵な経験ですよ。と謎のブルーマン。

飲食エリア

DSC_0385

出店されていたのは地元の飲食店さん。みたらし団子をいただく、謎のブルーマン。どう食べたか、はみなさんのご想像にお任せします。

IMG_0708

天気がよければ大繁盛まちがいなしです。

そして、こちらにもオブジェ。
IMG_0728

天気さえよければ、スカイツリーをバックに気持ちい&TOKYO写真が撮れるのに!でもさすがはブルーマン。
カメラマンに立ち位置を支持します。こうすればいいんだよ!といわんばかりに。

そして撮れた写真がこちら。

jump

ジャンプ&TOKYO!

DSC_0380

かっこよさげに、物思いにふける謎のブルーマン。

天気が悪くても、こんなに楽しめるRIVERSIDE & TOKYO
天気がよければもっといろんな楽しみ方があるはず。

ぜひ、みなさんんお楽しみあれ!(と、謎のブルーマンが申しております!)

■「RIVERSIDE&TOKYO」開催概要
日時:平成28年9月23日(金)~10月2日(日)
※ 平日:16時~21時 / 土日:11時~21時
場所:浅草 隅田川テラス(東京クルーズ船着き場付近・地下鉄浅草駅から徒歩すぐ)

Writer's Profile
岩本 唯史
RaasDESIGN一級建築士事務所代表、株式会社水辺総研代表取締役、BOAT PEOPLE Association理事、水辺荘発起人

公共空間としての水辺がよくなることで、社会がよくなると考える。建築家として建物のリノベーションを主に設計の仕事をしている傍ら、都市をリノベーションするのであれば、公共空間である水辺を外して考えることはできないと考え活動している。BOAT PEOPLE Associationのメンバーとして、いままでさまざまな水辺のトライアンドエラーを繰り返して社会に水辺の空間のあり方とつきあい方を提案してきた。
2005年横浜トリエンナーレ出展作品「Life on Board II」「内閣府都市再生モデル調査事業、FLOATING EMERGENCY PLATFORM」「地震EXPO09(BankART)」「東京アートポイント LOB09-10」など。最近は横浜の水辺を「使い倒す」ことを目的に、水辺のソーシャルスペース「水辺荘」を日ノ出町たちあげ、都市に新しい風景をつくる試みをたくさん行っている。
RaasDESIGN
株式会社水辺総研
水辺荘
BOAT PEOPLE Association

  • Facebookアカウント
  • Twitterアカウント
Mizbering © 2017 All rights reserved.