2016.11.27 Sun

サード・プレイスのつくり方 ”TOKYO ART FLOW 00″二子玉川 ミズベリング・スペシャルインタビュー

サード・プレイスのつくり方 ”TOKYO ART FLOW 00″二子玉川 ミズベリング・スペシャルインタビュー

「ミズベリング・スペシャルインタビュー」第一弾は、二子玉川で行われた”TOKYO ART FLOW 00”を通してサード・プレイスのあり方を考えます。

サード・プレイスのつくり方 ”TOKYO ART FLOW 00″二子玉川 ミズベリング・スペシャルインタビュー

1 2 3

最先端の水辺とまちのあり方について、ミズベリング・ライターがディープに取材する「ミズベリング・スペシャルインタビュー」。第一弾はサード・プレイスをテーマに二子玉川の”TOKYO ART FLOW 00“からスタートします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二子玉川駅を降りて、夏の光が射る雑踏を歩く。心地良い風が坂の下からやってくる。その坂を下ると、目の前にゆったり流れる多摩川が広がる。手前に小さな流れがある。武蔵野の湧水を集めた野川だ。野川と多摩川の合流点であるこの場所には、三角形の中洲があって、樹林も豊かな河川敷公園・兵庫島公園となっている。野川にかかる結界のような細い橋を渡ると、普段見たこともない光景と出会った。
DSCF8295
DSCF8363
DSCF7038
透明なスキンで包まれたコクーンがぷるぷると打ち震えながら、空を映し出している。コクーンの中には何人かの男女が座っていて、河川敷に不時着した宇宙コロニーのような感じだ。コクーンの先には馬が軽やかにステップを踏んでいる。馬の周りには人だかりができていて、女性たちの嬌声が上がる。246の橋脚は、色鮮やかなストライプのペインティング・デザインによって、斬新なアート作品に生まれ変わっている。野外フェスのようなタープやテントが並び、思い思いに人びとが過ごしている。
DSCF8445
DSCF7005
そう、この感じは、いい感じにオーガナイズされたフェスやレイブの会場で感じるものと同じだ。自由でハッピーなヴァイブレーションに満ちている。人を楽しませるためのクリエイティブな仕立てがあちこちにあって、その手作り感も含めて、オーディエンスが受け入れている感じだ。いま、ここにいる人たちはほんとに楽しそうだ。この時間、この場所は、河川でも公園でもない、そして街なかのにぎわい施設でもない、そのどれにも当てはまらない第三の場所になっている。サード・プレイスだ。サード・プレイスはアメリカの社会学者レイ・オルデンバーグが著書『The Great Good Place』で提唱した概念で、通常、自宅というファースト・プレイス、職場というセカンド・プレイス以外の、くつろげる、コミュニティライフのアンカーとなる場所と説明される。本稿では、サード・プレイスを人びとが普段演じている仮面から開放され、本来持っている自由な感性を羽ばたかせて、創造的な交流が産まれる場所というように定義してみたい。
DSCF8311

このサードプレイスの空間は、二子玉川の河川敷とまちを使った三日間限定のアート・フェスティバル「TOKYO ART FLOW OO」の水辺会場としてコーディネートされている。コクーンや、馬、橋脚といったものそれぞれがアーティストによるアート作品になっており、人びとはそれを自由に回遊して体験する。通常、公園などの施設は、ここは遊ぶ場所です、ここは自然と触れ合う場所ですといったゾーニングによって定義されており、人びとはそのコードに従うように無意識に要求されている。しかし、二子玉川の「TOKYO ART FLOW OO」空間にはそのようなゾーニングやコードは存在しない。むしろアートという仕掛けとインタラクティブに関わることを通して、自分にとってこの場所や対象物はどういう感覚をもって立ち上がってくるのかを、それぞれが各々の感性で感じ取るという塩梅だ。それがサードプレイスの自由さ、楽しさを生んでいると思う。
DSCF8382
DSCF8436
「TOKYO ART FLOW OO」はキュレーター、地域に関わる企業、地元のエリマネ組織といった多様な人たちの企画と運営によって、実現している。立場が異なる人びとが、どのような思いと考え方によって、このようなサードプレイスを出現させるに至ったのか、インタビューしてみることにした。インタビュー対象は、アートプロデューサーのスパイラル・シニアプランナー松田朋春さん、東急電鉄都市創造本部開発事業部副事業部長の太田雅文さん、二子玉川エリアマネジメンツ代表理事の佐藤正一さんの御三方である。

TOKYO ART FLOW 00アートプロデューサー、スパイラル・シニアプランナー:松田朋春さんインタビュー

kyohei
今回のアートフェスで、二子玉川のまちだけでなく、とても上手く河川空間を使われています。川を取り込んだ理由をお聞かせ下さい。
10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
まちの特徴をアートの素材として使いたかったのです。二子玉川のまちには、川があります。川はまちより歴史が長い、生活の前提です。そこで、川に着目して橋脚を使ったり、水面を使ったりしたかった。
「TOKYO ART FLOW 00」のテーマカラーはマゼンダですが、これは緑の補色です。緑という川に代表される「自然」を補うコントラストとしての「アート」を示しています。
kyohei
河川敷という自然が豊かな空間に、アート作品がうまく配置され、非常に魅力的な空間が出現しているように思いました。
10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
分かりやすくないとダメだと思いました。たまたま通りがかっても面白がってくれるような。そして、見たことのない風景、ちょっと変だと思うような一生忘れないようなシーンを生み出したいと思いました。馬をアートとしてあの場所に置いたのもそういう意図がありました。
kyohei
アーティストはどのような基準で選ばれたのでしょうか?
10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
公共空間の戦略的な活用、都市空間の自由で柔軟な活用ということをテーマとしています。そのために、どのように表現を行なってもらえるか、パブリックな場での表現に経験値のあるアーティストを選んでいます。

DSCF8280

kyohei
246の橋脚を彩ったラング&バウマンの作品がとても印象的です。どのような経緯であの作品が出現したのでしょうか。
10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
全体の中で、シンボリックなものが必要だと思っていました。撮影スポットとしても。
海外からの招聘アーティストとして参加いただいたラング&バウマンには、会場全体を示してどこに作品を造るかロケハンしてもらいました。それであの橋脚を彼らが選びました。
kyohei
なぜ土木構造物を選んだのでしょうか。
10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
彼らのこれまでの作品も土木構造物や大きな建築をベースとして使っています。作品として効率的だからでしょう。
kyohei
それは構造物自体のマッスがあったり、造形を素材として取り込めるということでしょうか。
10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
はい。そうですね。
kyohei
一方で、橋脚は管理者によって管理されるインフラです。あのような表現を行う許可を取るのに困難はなかったのでしょうか?
10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
それはもう知恵比べですね。他の作品もそうですが、公共空間の場合は道路管理者、公園管理者、消防、警察等と協議して、解釈次第のところにソフトに落としこむ感じです。
kyohei
管理者とのやりとりというのはアーティストが直接行うのでなく、事務局が行なったのでしょうか?
10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
アートをまちにインストールするための制作部隊がいて、届け出や交渉などは事務局としてワンストップで行なっています。
kyohei
橋脚はペイントでないと聞きました。どのような方法を取ったのですか?
10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
今回は3週間で原状回復しないといけないという条件がありました。そこでカッティングシートで橋脚を覆っています。事前にアーティストに色見本を見せてOKを取りました。
kyohei
ぴっちりと貼りあわせの精度が非常に高いですね。


実はペインティングではなく、カッティングシートを精密に貼り合わせている。

10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
はい。中川ケミカルさんというメーカーです。技術力は高かったですね。
kyohei
日本の技術で、日本の法規制をクリアして、海外アーティストの表現を実現したということですね。
ところで、東京の中で、二子玉川という場所でアートフェスを行うことは、どういう位置づけにあるのでしょうか?
10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
東京の東側のエリアは、アーティストが空きスペースをリノベーションしてスタジオやしていたりギャラリーがあったり、既にアート活動のリソースが豊富にあって、アートフェスをやりやすい状況にあります。二子玉川、自由が丘といった東京の西側エリアは、それが少し弱く、アート的には穴が空いていているように見えます。逆にこのあたりでやる意味があると思いました。いろいろなアートフェスの特徴があっていいと思っています。たとえば、「六本木アートナイト」では「夜」が資源となっていますね。そのまちならではの、公共空間の資質を個性として活かすということを考えています。
kyohei
二子玉川ならではの資源として、水辺は、どのような個性を持っていると思いますか?
10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
アートキャンプということで、河川敷で焚き火をしながら少ない聴衆と制限時間なく話し込む「キャンプファイヤートーク」というイベントを行なったのですが、とても良かったです。3つのグループはそれぞれ4時間話していました。火を囲んで、ゆっくり話す時間を共有するという、ここでしかできない体験でした。

DSCF7097

kyohei
もともと芸能は河原で発生したという説もありますが、アートの原点かもしれませんね。
10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
秩序の一番外側にあるという経験を、水辺は共有できると思います。
kyohei
オープニングセッションで、アートはまちに見通しを与えるという話がでましたが、アートはまちづくりにどのように貢献できるか、お聞かせ下さい。
10609608_4476645330931_691844321320342223115_n
アートは未来の感受性を先端的に表現するようなところがあって、「まちに見通しを与える」というのは、公共空間において未来のプロトタイプを見せてくれるというような意味です。
アートの価値は、人類的、普遍的なものです。アーティストはまちのためにやっているのでなく、自分の表現のためにしているから面白いのです。それが結果的に、まちに新しい機会や作用をもたらします。そのようなアートフェスを自分たちのまちで行えること自体が誇らしいと思えれば、それはシビックプライドにも繋がっていくのではないでしょうか。

水辺、河原者、マージナルな場所から秩序にフィードバックしうる価値がうまれる。アート×水辺という文脈は昔も今もとても面白いですね。
続いて、東急電鉄都市創造本部開発事業部副事業部長の太田雅文さんです。

1 2 3
Mizbering © 2017 All rights reserved.