2016.07.01 Fri

河川敷地占用許可準則が一部改正!

河川敷地占用許可準則が一部改正!

6/2に河川敷地占用許可準則が一部改正されて、施行されました。

河川敷地占用許可準則が改正!占用期間が3年から10年に規制緩和!

河川敷地占用許可準則が一部改正!

2016年6月2日に河川敷地占用許可準則が一部改正されて、施行されました。

2016年3月3日に開催されたミズベリング・ジャパンの金尾局長(当時)のプレゼンテーションでは、延長する事の是非を意見公募するということが宣言されていましたが、あれから3ヶ月足らずで実際に制度が変わったことになります!

0303_193
国土交通省水管理国土保全局の金尾局長(当時)(写真右)が10年へ延長することの意見公募をアナウンスした3/3のミズベリング・ジャパンの様子

今回は国土交通省水管理国土保全局水政課の白石調整官と澤渡係長に改正のポイントをお聞きしてきました。
IMG_8662
お話を伺った国土交通省水管理国土保全局水政課の白石調整官(写真左)と澤渡係長(写真右)

改正が実現するまでのプロセス

岩本唯史
今回の改正は、事業者さんや、公民連携まちづくりに関心あるひとたちからすると待ち望まれていた期間延長が盛り込まれました。意見公募ではどのような意見があったのでしょうか?
SAWADO
澤渡係長:期間延長について好意的なご意見や、20年でもいいのでは?といったご意見をいただく一方で、「事業者による占用は公共性を損なうおそれがある」、「事業者に制度を悪用されるおそれがある」といった、慎重な検討を求めるご意見もありました。そこで、今回の準則改正にあわせて、局長から各河川管理者に対して適正な河川利用を確保するための運用通知を発出することとし、今回の期間延長が実現するに至りました。
岩本唯史
いままでの各地での河川占用の実績があってはじめて今回の期間延長が実現したという面はありますか?
SHIRAISHI
白石調整官:現在29の河川占用案件が全国で動いていますが、それぞれの事例が好ましくない結果になっていたら今回の期間延長には至りませんでした。これまでの占用期間3年の制限のなかでつくられてきた実績があったからこそ、実現したと言えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
準則が改正される前から社会実験として実施されていた広島の京橋川のコンセッション
29YRS全国で29箇所の占用案件が稼働中

今回の改正で期待される効果とは

岩本唯史
今回の改正で、民間事業者の投資を促しやすくなったと思いますが、なぜ10年だったのでしょうか?
SHIRAISHI
白石調整官:もともと台東区で占用しているタリーズさんやその他の事業者さんにヒアリングをしてみると、やはり3年では投資した資本を回収できないという意見が多かったのです。そこで何年ならいいのか聞いてみるとみなさん10年とおっしゃっていて、区切りもいいので10年としました。これは河川法の占用準則上最長の期間でもあります。(*編集部註:これまでも公的主体であれば10年までの占用が可能でした)

スクリーンショット 2016-06-17 16.48.20
国土交通省水管理国土保全局の発表資料より。
スクリーンショット 2016-06-17 17.00.45
規制緩和されたからといって、全ての場所がOKなるわけではない

岩本唯史
今回の改正によりどのような民間事業者が占用に参入できるとお考えですか?
SHIRAISHI
いままでは一部のモチベーションが高い事業者さんが採算度外視でやってくれていた面が否めません。しかし、今回の10年は、多くの民間事業者に門戸を開放したといえ、多様な事業者さんが河川を利用して地域を盛り上げてくれることになることを期待しています。
岩本唯史
どのような民間事業者さんを選べばいいのか、という選ぶ側の責任があると思いますが、どう思われますか?
SAWADO
前述の局長通知にも詳しく書かれていますが、選ぶときの公平性・透明性は非常に重要です。オープンなプロセスで選ばれたかどうか、地域の皆さんが納得するかどうかなどです。また、事業の安定性の確認や、許可後の経営状態のモニタリングも必要だと考えており、こちらも前述の局長通知に詳しく書かれています。

河川ならではのこととは?

岩本唯史
川のみならず、道路や公園、公開空地なども公民連携、民間活用の機運の高まりで、占用に関する規制緩和が行われていますが、河川における特別な点を教えてください。
SAWADO
それは、やはりなんといっても自然が相手であるという事だと思います。河川敷は自然豊かで貴重なオープンスペースである一方で、洪水の際には安全に水を流し、被害を軽減させるものでもあり、また箇所によって河川の状況は様々です。そして、その自然をどう生かすかということも、河川ならではのことだと思います。
岩本唯史
今回の発表をしてみて、どんな反応があったか教えてください。
SAWADO
市区町村さんからの問い合わせがたくさんありますね。今回の発表に先だって公表している「河川空間のオープン化活用事例集(リンク先PDF)」(2016年3月公表)には、最後のページに全国の相談窓口を一覧でつけました。これはいままでなかったことです。
私の連絡先も一番下に書いてありますので、ぜひ相談して欲しいですね。また、今回「かわよろず」という民間や自治体からの相談窓口を、霞が関の国土交通省水管理・国土保全局内に設けました。これらの窓口を利用していただいて、今回の規制緩和を大いに活用していただけるとうれしいです。

課題とされていたことがついに規制緩和されて、準備は整いました。行政のせいで水辺が使いづらいという言い訳はもうできませんね。あとは官民が連携していかに魅力をつくっていくか、そういう新しいフェーズに到達したということを意味しています。川ろうぜ!

問い合わせ先:国土交通省水管理・国土保全局 水政課 白石雅寛、澤渡健太郎
(直通)03-5253-8440(FAX)03-5253-1601

Writer's Profile
岩本 唯史
RaasDESIGN一級建築士事務所代表、株式会社水辺総研代表取締役、BOAT PEOPLE Association理事、水辺荘発起人

公共空間としての水辺がよくなることで、社会がよくなると考える。建築家として建物のリノベーションを主に設計の仕事をしている傍ら、都市をリノベーションするのであれば、公共空間である水辺を外して考えることはできないと考え活動している。BOAT PEOPLE Associationのメンバーとして、いままでさまざまな水辺のトライアンドエラーを繰り返して社会に水辺の空間のあり方とつきあい方を提案してきた。
2005年横浜トリエンナーレ出展作品「Life on Board II」「内閣府都市再生モデル調査事業、FLOATING EMERGENCY PLATFORM」「地震EXPO09(BankART)」「東京アートポイント LOB09-10」など。最近は横浜の水辺を「使い倒す」ことを目的に、水辺のソーシャルスペース「水辺荘」を日ノ出町たちあげ、都市に新しい風景をつくる試みをたくさん行っている。
RaasDESIGN
株式会社水辺総研
水辺荘
BOAT PEOPLE Association

  • Facebookアカウント
  • Twitterアカウント

コメントは受け付けていません。

Mizbering © 2017 All rights reserved.