2015.04.08 Wed

港町ヨコハマ発、夜の京浜工場地帯へ
工場夜景クルーズへようこそ。

港町ヨコハマ発、夜の京浜工場地帯へ <br>工場夜景クルーズへようこそ。</br>

横浜港から京浜工業地帯へと誘う交通船「サンタバルカ」に乗船。
夜の工場地帯を魅せるツアーで、巨大港湾都市というミズベの魅力を感じる。

週6日運航中!港のプロが夜へと誘う工場夜景ツアー出航。
みなさま、カメラのご用意を忘れずに

港町ヨコハマ発、夜の京浜工場地帯へ
工場夜景クルーズへようこそ。

1 2

 こんばんは。
 4月になり、水上から桜を眺める花見も終わりを告げる季節となった関東にて、同時に花粉症にも苦しめられている水主の糸井です。
 みなさま、花粉症に負けず今年も水辺を堪能していますか?

 さぁ、私が今年最初にお送りするのは、神奈川県横浜発の工場夜景クルーズであります。
 そのクルーズの出発地となる横浜ですが、実は漕ぎ手である私がメインのフィールドとして活動している水辺です。
 ここは、シーカヤックやSUPだけでなく、多くの船舶が行き交う巨大港湾都市横浜の水辺。

 その横浜から北へと隣接している川崎までの水域が、首都圏のインフラを担う京浜工業地帯と呼ばれるスポットです。
 その水辺を夜に船から堪能できる工場夜景クルーズは、現在大人気のツアーとして多くの旅行会社が取り上げていますが、その盛り上げの一翼を担っている工場夜景クルーズ船「サンタバルカ」船長の永井さんに水先案内を担当していただき工場地帯の夜へとガイドしていただきました。

港ヨコハマから始まる京浜工業地帯の中核へ

 日本最大の港町横浜という水辺は、東京湾の湾奥に位置し、東に向けて鶴が翼を広げたようにして多くの船舶たちの入港を歓迎しています。
京浜工業地帯地図
横浜港から川崎港にかけての水域が今回対象となる水辺。
羽田空港の北には東京港があり、東京港・川崎港・横浜港の3港で京浜港として稼動しているが、
その工業地帯としての機能に特化した水域が、京浜工業地帯と呼ばれるスポットである。

 横浜港周辺でよく見かける船の種類としては、我々の生活を支える日常用品を主に運ぶコンテナ船、資源として液化天然ガスや液化石油ガスを運ぶ大型のタンカー、横浜港を中継して各港へと運ぶ貨物船、5000台もの乗用車を輸出する自動車専用船など物流に携わる船。
 夜は宴会場となる屋形船や朝釣り人を乗せて沖合いへと走る遊漁船などのレジャー船、横浜港を清掃する清海船や港湾内の工事などで活躍する警戒船など日々港湾の環境に携わる船舶、そして私がよく利用するシーカヤックなど、さまざまな船舶が往来しています。
 この船舶たちが入港後に着岸し、乗客や船員が無事に上陸でき、そして物資の荷卸が機能する。これが港という古来から人々が水辺へと繰り出し、その彼方で求めてきた水辺への出入り口なのです。そのため、多くの賑わいが生み出され大きな水辺の街へと発展していきました。
 特に物流における機能に特化し大量輸送をより効率的に行うため、幕末に開港した横浜は、現在のみなとみらいの「象の鼻」という港湾施設を起点に沖へ沖へと展開していきました。
 その結果、横浜から東京方面に向けて北東へと物流機能が伸び、川崎港、多摩川河口へと連なる水域が埋め立てられ、多くの工場が誘致されたのです。
 それが、日本最大の臨海工業地帯である京浜工業地帯の中核を担うスポットであり、今回対象となる水辺であります。
京浜運河鳥瞰
京浜工業地帯鳥瞰図。
写真左手が横浜方面、右手が神奈川と東京の県境である多摩川の河口。
港拡大のため埋め立てられた人工島、そして多くの運河が見える。

 
 さぁ、そんな水辺をシーカヤックで漕いでみると、ある課題が見出されてきます。
 それは、ゆったり余裕を持って港というものを観て廻るには、ハードルが高いのです。
 
 この水辺、物流機能が所狭しと立地し、そのどれもが企業や行政により管理されていて上陸禁止のため休憩する場所がありません。
 そして、多くの船舶が通航する航路というものが張り巡らされています。
 道路では車より歩行者が優先されるものですが、この港湾区域における船が通る航路という場所は大型船が最優先であり、その航行を妨げることは望ましくありません。
 特に横浜港北部に位置する鶴見から川崎にかけての水域を漕ぐことは、まさに砂漠を旅するようなほど過酷なのです。
京浜運河カヤッキング
直角護岸がそそり立ち、すぐ後背地には工場が立地する京浜工業地帯。
鉄鉱石を積んだ船、石油タンカーなどスポットごとに専用の船が航行し着岸するため、休む暇なくパドリングしながら他の船舶をいち早く見つけ回避しなければならない。

 もし、ここをシーカヤックで漕ぐとなると、船舶が遵守している港則法や海上安全交通法などの法律を学び、かつシーマンシップを心得て旅することが肝心となってきます。
 そんな水域が、この日本では多くの人が住み働く大都市の入り口のすぐ先に存在しているのです。つまり皆さんから近い海を自由に利用するには多くを学ばなければなりません。

 ただ、是非ともこの特異な水辺の魅力を皆さんにお見せしたいと考え、ここはパドルを休めて巡ってみようと考えました。
 この水辺の入り口となる横浜港ではいろいろな客船や遊覧船のツアーなどのコンテンツがある中、「工場夜景ツアー」という非日常的で面白い企画を行っている「サンタバルカ」という遊覧船が横浜港にはあるのです。
出動前サンタバルカ
横浜港「象の鼻」の桟橋で出動を控えるサンタバルカ。

夜景クルージング船「サンタバルカ」

 イタリア語で「聖なる小船」という可愛い名前のサンタバルカですが、工場夜景ツアーの最前線で活躍する以前は、2010年まで東京で交通船として機能していました。
 2010年というと、羽田空港の国際線用の滑走路である「D滑走路」が完成した年ですが、まさにその建設現場へと建設作業員を運ぶために、中央防波堤から建設現場である羽田沖まで朝夕とピストン輸送を行っていました。そのため、このサンタバルカは、ゆったりとクルージングを楽しむ遊覧船として造られたのではなく、私たちが朝夜と利用している通勤電車のように高速での移動のみを目的とした交通船として2008年に建造されたのです。

船室
船内の設備。交通船としての名残が現在も船内の至る所に設けられたつり革や手すりに残っている。

船尾
船室後方はオープンタイプのデッキになっている。
毛布も常備されているので、寒がりな人も安心して夜景を見ることができる。

 その船長である永井さんは、40年以上船に関わる仕事をしてきたベテラン船乗りなのです。
 そんな船と港、そして海を深く知る船長さんの面白トークも魅力の1つとして取り上げられている工場夜景ツアーに出発!

1 2
Mizbering © 2017 All rights reserved.